おかしな結婚

おかしなけっこん
上映日
1974年2月9日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

男と女がたどる人生の哀感をコメディ・タッチで描く。製作はジュリアス・J・エプスタイン、監督は「サウンダー」のマーティン・リット、原作はピーター・デブリースの小説「魔法使いのミルク」。脚本はジュリアス・J・エプスタイン、撮影は海洋学者として有名なジャック・イブ・クーストーのドキュメンタリー出身のジョン・A・アロンゾ、音楽はジョン・ウィリアムス(2)、編集はフランク・ブラクトが各々担当。出演はウォルター・マッソー、テレビ番組「カーネギー・ホールのジュリーとキャロル」で認められた舞台女優キャロル・バーネット、ジェラルディン・ペイジ、バリー・ネルソン、ルネ・オーベルジョノワ、リー・H・モンゴメリー、ヘンリー・ジョーンズ、ケント・スミス、フィリップ・ボールネフ、ティモシー・ブラックなど。

「おかしな結婚」のストーリー

結婚適齢期をすぎ、もうオールドミスといわれても仕方のないティリー(キャロル・バーネット)がピート(ウォルター・マッソー)と出会ったのは、友人のガートルード(ジェラルディン・ペイジ)の家で開かれたパーティの席だった。ウィットに富、あけっぴろげでシャレや冗談がうまいピートに家まで送ってもらい、いっぱい飲んだものの、芽ばえかけたロマンスはそれ以上には発展しなかった。しかし翌日、昼食と共にしたガードルードにケシかけられ、ピートを夕食に招いたことから何回かデートを重ね、ベッドを共にするようになった。ある晩、ティリーはもうハネムーンは終わったと宣言し、結婚式を挙げた。やがてティリーが妊娠すると、2人はミル・バレー郊外に家を借り、9カ月後にチャーリーが生まれた。初めから父と息子はウマが合った。チャーリー(リー・H・モンゴメリー)は父の姿さえ見れば喜んでいたし、少し大きくなると、2人はスポーツや、スパイク・ジョーンズ・スタイルの音楽や、アボットとコロステ式の会話を楽しむようになったがこの親子を心から結び付けていたのはいたずら好きからだった。ピートの果てしない気まぐれや、事務所のブロンド娘ルーシーとの浮気や、結婚生活からくる種種のしがらみにもかかわらず、セルツァー家は何となく持ちこたえていた。しかし、それも一家の希望であるチャーリーが難病にとりつかれるまでだった。チャーリーは白血病にかかり、僅か9歳で世を去ってしまった。ティリーは神を呪い、家の中から笑いが消え、2人の間は冷戦状態が続いた。ティリーは生きることに耐えられず、キーティング牧師(ケント・スミス)を通して、カトリックへの改宗を考えた。友人たちが夫婦をパーティに引っ張り出した。その席で赤毛の女と親しそうに話しているピートを見て、ティリーはますます傷ついた。間もなくピートは欲求を外で満たすようになり、夫婦の別居生活が始まった。最も親しい友人だったガードルードとも喧嘩別れした。ティリーは療養所に入った。そこに室内装飾家のジミー(ルネ・オーベルジョノワ)が訪ねてきた。彼は結婚を申し込んだ。ティリーは、おちゃらけていた彼の孤独を感じて強く心を動かされた。その後今度はピートが面会に来た。そして別居生活のわびしさを訴えた。散歩する2人の間に少年がさっと通り抜けた。見るとチャーリーにそっくりな顔をしている。ティリーが泣きだし、ピートも眼に涙をにじませた。突然2人を隔てていたギャップが消えた。2人がピートの車に乗り込んだとき、すでにティリーの荷物が積み込まれていた。

「おかしな結婚」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「おかしな結婚」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1973
公開年月日 1974年2月9日
製作会社 マーティン・リット=ジュリアス・エプスタイン・プロ作品
配給 ユニヴァーサル=CIC
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「おかしな結婚」のみんなのレビュー

「おかしな結婚」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/16

デヴィッド・ボレアナズ(1969)

オフィサー・ダウン

『ブレイド』のスティーヴン・ドーフと「プリズン・ブレイク」シリーズのドミニク・パーセル共演によるポリスアクション。汚れた過去を背負う刑事が失った正義を取り戻すため、警察に渦巻く陰謀に巻き込まれながらも裏社会を牛耳る巨悪に挑む姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:ブライアン・A・ミラー 脚本:ジョン・チェイス 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル 出演:スティーヴン・ドーフ/ドミニク・パーセル/ジェームズ・ウッズ/デヴィッド・ボレアナズ

クロウ 真・飛翔伝説

ジェームズ・オバーの原作を元に描いたダークヒーローアクション「クロウ」シリーズ最新作。悪魔を崇拝するギャング集団に恋人・リリーと共に殺されてしまったジミー。カラスの力で甦った彼は、ギャング集団のボス・ルークへの復讐を果たす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・マンギア 脚本:ショーン・フッド 製作:ジェフ・モスト 撮影:ダリウス・ウォルスキー 出演:エドワード・ファーロング/エマニュエル・シュリーキー/デヴィッド・ボレアナズ/タラ・リード
チュ・ジフン(1982)

暗数殺人

「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク主演による、実際の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス。ある日、別件で収監されていた男から7人を殺害したとの告白を受けた刑事キム・ヒョンミンは、捜査を続行。やがて証言どおり白骨化した遺体を発見する。共演は「神と共に」シリーズのチュ・ジフン、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。

工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

NEW今日命日の映画人 5/16

該当する人物がいません