おかしなおかしな大追跡

おかしなおかしなだいついせき
上映日
1972年7月8日

製作国
アメリカ

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

博識多才なオテンバ娘と、音楽理論学会にのり込んできた田舎青年が、まったく同じ形の4つの旅行カバンのおかげでとんでもない大事件にまき込まれていくコメディー。製作・監督はピーター・ボグダノヴィッチ、脚本はバック・ヘンリー、デイヴィッド・ニューマン、ロバート・ベントンの共同執筆、撮影はラズロ・コヴァックス、音楽はアーティ・バトラー、編集はヴェルナ・フィールズが各々担当。出演はバーブラ・ストライサンド、ライアン・オニール、ケネス・マース、オースティン・ペンドルトン、ソレル・ブック、ステファン・ギーラッシュなど。

「おかしなおかしな大追跡」のストーリー

ジュディ(バーブラ・ストライサンド)は自分の旅行カバンの中に百科事典を1冊つめこんで放浪の旅をしている。ハワード(ライアン・オニール)のカバンの中には岩石が数個。一見何の変哲もない石ころだが、これを使って原始時代のネアンデルタール人が岩石から音楽を作りだしたという新学説を論証し、賞金2万ドルをものにするつもり。そのためにわざわざアイオワから飛行機に乗って、ここサンフランシスコで開かれる音楽理論学者たちの学会にやってきたのだ。さて、同じ形のカバンを持って2人が偶然泊まり合わせたのがサンフランシスコ・ヒルトンの17階。ところが、この17階にあと2人、同じカバンの客がいた。バン・ホスキン夫人(メイベル・アルバートソン)とスミス氏(マイケル・マーフィ)。夫人のカバンの中身は宝石類。スミス氏の中身は政府の秘密書類。その書類を狙ってジョーンズという男が後をつけまわし、宝石を狙ってホテルの専属探偵と帳場係がこれまたウロチョロしているからたまらない。更に、ハワードの婚約者ユニースまで同じ17階に部屋をとって、未来の夫の監視をつとめているのだから状況はややこしい。おまけに、音楽財団の会長で、ハワードが狙っている賞金の提供者であるララビー氏(オースティン・ペンドルトン)がそそっかし屋で、ジュディをハワードのフィアンセと思いこんでいるから、誤解が誤解を生んで話は混線するばかり。数日後に開かれたパーティの席上、4つ並んだそっくりのカバンのうち、大事な岩石の入っているカバンがどれなのかわからなくなって、ジュディとハワードが全部を表に持ち出そうとしたため、みんな大あわて。つかまってはならじとばかり、ジュディとハワードは雑貨屋の運搬車に乗って逃げだし、あとの連中は逃してはならじと自動車に飛び乗り、坂の多いサンフランシスコの市街で珍妙な大追跡を展開する。チャイナタウンでは中国人のお祭に使う竜をまきぞえにし、世界で一番大きいとシスコの人々が自慢する1枚のガラスにあわや衝突の危機をまぬがれ、そしてとうとう全員サンフランシスコ湾に落ちてしまう。命に別状なかったのがせめてもの幸い。法廷へ引っぱりだされたものの、いくら判事に事情説明しても、そのあまりの複雑さに全然理解してもらえない。それでも無事釈放されたのは、この判事さんがジュディのパパだったからということになる。ドラマの解決は、再び故郷に帰る飛行機の中だ。ハワードの後に陣どっているのは意外やジュディ。フィアンセだったユニースはララビー氏と結ばれ、ハワードとジュディもめでたく結ばれることになった。

「おかしなおかしな大追跡」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「おかしなおかしな大追跡」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1972
公開年月日 1972年7月8日
製作会社 ピーター・ボグダノヴィッチ・プロ作品
配給 ワーナー
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「おかしなおかしな大追跡」のみんなのレビュー

「おかしなおかしな大追跡」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。