大雷雨

だいらいう
上映日
1951年8月7日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「裸の町」のマーク・ヘリンジャーが製作を担当した1941年度作品で、リチャード・マコーレイと、ジェリー・ウォルド「ジョニー・ベリンダ」の製作者が脚色、「賭博の町」のラウール・ウォルシュが監督した。撮影は「愛憎の曲」のアーネスト・ホーラー、音楽はアドルフ・ドイッチェ「鎧なき騎士」のマレーネ・ディートリッヒを中心にエドワード・G・ロビンソン「他人の家」、ジョージ・ラフト「ボレロ」が主演し、アラン・ヘール、フランク・マクヒュー、イヴ・アーデンらが助演する。

みんなのレビュー

「大雷雨」のレビューを書く

「大雷雨」のストーリー

ハンク(エドワード・G・ロビンスン)とジョニイ(ジョージ・ラフト)はカリフォルニアの電力会社に勤める保線工夫で、大の仲良しであった。ある時、嵐のために年老いた工夫が殉職して、主任のハンクは先ず犠牲者の娘フェイ(マレーネ・ディイトリヒ)に事故を知らせに出かけその美しさにうたれた。ジョニイもたえずフェイにつきまとってはいたものの、ハンクの執心はついに彼女を射落とし、2人は結婚することになった。ある修繕作業で負傷したジョニイは、ハンクの家で静養することとなり、フェイと毎日顔を合わせなければならなかった。ハンクに対して良い妻になろうとつとめていたフェイも、若いジョニイの情愛には心ほぐれ、ついに2人は恋におちて、彼女は駆け落ちを決意した。それを知ったハンクはジョニイを殺そうと鉄塔上に挑みかかったが、しかし凄絶な乱闘の間に、年老いたハンクは下へ落ち、若い2人の将来を許したあと、静かに息を引き取っていった。

「大雷雨」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「大雷雨」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1941
公開年月日 1951年8月7日
製作会社 W・B映画
配給 セントラル
レイティング

「大雷雨」のみんなのレビュー

「大雷雨」のレビューを書く

「大雷雨」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 3/1

ダニエル・フォン・バーゲン(2015)

ユニバーサル・ソルジャー ザ・リターン

死んだ兵士を戦闘マシーンとして蘇生させるプロジェクト“ユニバーサル・ソルジャー”で甦った男の戦いを描くSFアクション。1992年に公開された「ユニバーサル・ソルジャー」の続編。監督はミック・ロジャース。主演は前作に引き続きジャン=クロード・ヴァン・ダム。

ポストマン(1997)

荒廃した近未来のアメリカを舞台に、人々に希望をもたらす郵便配達人(ポストマン)の姿を描いたアクション・ロマン大作。監督・主演は「ウォーターワールド」「ティン・カップ」のケヴィン・コスナーで、「ダンス・ウィズ・ウルブズ」に次ぐ7年ぶりの監督第2作。脚本はデイヴィッド・ブリンの同名小説(邦訳・ハヤカワ文庫)を基に、エリック・ロスと「ライアー」のブライアン・ヘルゲランドの共同。製作はコスナーと彼のパートナーのジム・ウィルソン、「ロング・キス・グッドナイト」のスティーヴ・ティッシュ。撮影は「モアイの謎」のスティーヴ・ウィンダン。音楽は「ファーザーズ・デイ」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術は「ワイアット・アープ」のアイダ・ランダム。編集は「ウォーターワールド」のピーター・ボイル。共演は「追いつめられて」でコスナーと共演した「コピーキャット」のウィル・パットン、英国の舞台女優で本作がデビューとなるオリヴィア・ウィリアムス、「ラブ・ジョーンズ」のラレンツ・テイト、「スネーク・アイズ」「パンサー」のジェームズ・ルッソのほか、ロック・ミュージシャンのトム・ペティが特別出演。