大空の凱歌

おおぞらのがいか
上映日
1957年2月21日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

米国空軍省勤務のディーン・ヘス大佐が自らの経験を綴った同名の著書をチャールズ・グレイソンとヴィンセント・B・エヴァンスが共同脚色、「風と共に散る」のダグラス・サークが監督した朝鮮戦争をめぐる人間愛の物語。主演は「ジャイアンツ」のロック・ハドソン、「山」のアンナ・カシュフィ。「裏切りの町角」のダン・デュリエ、「ボスを倒せ!」のマーサ・ハイヤーが助演する。

「大空の凱歌」のストーリー

第2次大戦に参加した米航空隊のディーン・ヘス大佐(ロック・ハドソン)は、ドイツのカイザーバーグを爆撃した際、過って教会付属の孤児院に爆弾を落とし27人もの子供を殺した。この事件はヘスに強い打撃を与え、除隊後故郷オハイオ州で教会の牧師となったが、心の悩みから説教にも身が入らず朝鮮戦争勃発とともに、心機一転をはかり、愛妻マリイ(マーサ・ハイヤー)が止めるのもきかず国連軍に志願した。朝鮮でのヘスの任務は竜山近くの飛行場で韓国軍飛行士を養成することであった。乏しい資財を使って飛行場を整備、ヘスは早速訓練を始めた。感謝祭の夜、彼は営舍の残飯をあさる戦災孤児を見て彼らに出来る限りの食を与えた。そのため飛行場に戦災孤児が増え飛行機の発着に危険を感じ出すと、ヘスは部下のハーマン軍曹を連れ善後策を講じに京城へ向かう。途中、釜山へ行くという老彫刻師を拾い、彼を破れ寺に運ぶが、そこでヘスは、戦災孤児を世話する娘、梁(アンナ・カシュフィ)にあった。ヘスはこの寺を孤児収容所にしようと決心、子供たちを運び食糧まで都合した。やがてメリイから妊娠の知らせがあった。梁に妻のことを話すと、彼女は寂しげな表情を浮かべた。ある嵐の夜、共産軍の戦車侵入の報告が入った。ヘスは率先出撃、多大の成果をあげた。ところが共産軍の総攻撃で国連軍は撤退の止むなきに至った。ヘスも転属命令を受けた。しかし孤児たちの安否を気づかい破れ寺へ急行、直ちに非難措置をとった。ヘスの一行は夥しい孤児を連れ南へと進んだ。だが車もなく徒歩の子供たちは疲れ果ててしまった。ヘスは子供たちを乗せる飛行機の手配をしに司令部へ行くが誰も相手にしない。空しく戻ったヘスは途中で、捨てられた子供たちに会った。その時、敵機の来襲。子供を庇った梁は敵弾に倒れた。悲しみの頂点に立ったヘス。が、そこへ味方の輸送機5機が不意に着陸した。ヘスの奔走に感激した司令部の配慮によるもので、400人の孤児は、かくて救われた。やがて梁の故郷済州島に孤児院が建てられ、ヘスは夫人とともに訪れ、子供たちと再会した。

「大空の凱歌」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「大空の凱歌」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1956
公開年月日 1957年2月21日
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 ユニヴァーサル
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「大空の凱歌」のみんなのレビュー

「大空の凱歌」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。

「大空の凱歌」を観ているあなたにおすすめの映画