狼は天使の匂い

おおかみはてんしのにおい And Hope to Die
上映日
1974年2月2日

製作国
アメリカ

上映時間
122分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

カナダを舞台に、孤独なアウト・サイダーたちの戦いを描く。製作はセルジュ・シルベルマン、監督は「パリは霧にぬれて」のルネ・クルマン、デイヴィッド・グッディス原作の「暗い金曜日」をセバスチャン・ジャプリゾが脚色。撮影はエドモンド・リチャード。音楽はフランシス・レイ。編集はロジャー・ドワイアが各々担当。出演はロバート・ライアン、ジャン=ルイ・トランティニヤン、レア・マッサリ、アルド・レイ、ティサ・ファロー、ジャン・ガバン、ナディーヌ・ナボコフ、アンドレ・ローレンスなど。

「狼は天使の匂い」のストーリー

トニー(ジャン・ルイ・トレンティニヤン)の逃亡生活は、操縦していたヘリコプターがジプシーの群れの中に墜落し、大勢のジプシーの子供を死なせてしまったことから始まる。ジプシーのかしら(アンドレ・ローレンス)は復讐を誓った。そのためにトニーはパリにいられなくなり、ニューヨーク、さらにカナダのモントリオールに逃げた。しかし執拗なジプシーの追跡のために逃げ場を失い、折から開催中の万国博覧会のアメリカ館に身を潜めた。そこで2人組による殺人事件を目撃したことから一味に捕らえられ、ある島に連れ去られた。島に着くとトニーは、一味のボス、チャーリー(ロバート・ライアン)に引き合わされた。彼の他にも、その情婦シュガー(レア・マッサリ)、マットン(アルド・レイ)、リッツィオ(ジャン・ガバン)、パウルその妹ペッパー(ティサ・ファロー)がいた。チャーリーは、殺されたレナが持っていた1万5千ドルの行方を教えろと迫ったが、トニーは口を割らなかった。この島から逃げるためには橋を渡らなければならず、その橋は1つしかない。うまく渡ったとしても、そこにはジプシーたちが彼を待ち構えているに違いない。しょせん逃げられないのだ。翌日、チャーリーたちは泥棒を働きに出かけた。一方、トニーは月日がたつに従ってチャーリーに親しみを感じ始めていた。シュガーとも親しくなった。やがてチャーリーが計画している大仕事に誘われ、仲間になることを承知した。一味の大仕事とは次のようなことだった。マッカーシーというギャングの大親分が近く法廷で裁かれることになっているが、彼を有罪にする唯1人の証人は頭の弱い女の子で、目下モントリオールの病院に厳重な警備つきでかくまわれている。チャーリー一味はこの証人を誘拐してマッカーシーに引き渡し、礼金100万ドルをせしめようというものだった。病院の隣のコンサート・ホールを足がかりにして病院に入るという計画は完璧のように思われた。決行の日の夜、一味はタキシードに身をつつみ、コンサート・ホールに現われた。だが、マットンの顔を知っていた鼓笛隊の女の子(ナディーヌ・ナボコフ)が警察に通報した。そんなこととは知らない1味は、ホールの地下室から隣のビルに入った。この間に警官隊が駆けつけ、ボックスにいたシュガーを逮捕した。チャーリーがトニーを引っぱりこんでやった仕事はすべて芝居だった。生き証人として入院していた精神薄弱児はとうに死んでいたので、チャーリーはペッパーを替玉として使ったのである。マッカーシーがチャーリーに計られたと知ったときは遅かった。チャーリー一味が隠し持っていた拳銃は一斉に火を吹き、マッカーシー一味は次々に倒されて入った。だが、ペッパーとともに島を抜け出したトニーを除いて、一味は警察に包囲された。銃撃戦の末、残るはチャーリーだけとなった。一方、トニーは一旦逃亡を決意したものの、ペッパーを逃がすと、チャーリーと運命をともにするため、自分だけ再び島へ引き返した。

「狼は天使の匂い」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「狼は天使の匂い」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1973
公開年月日 1974年2月2日
上映時間 122分
製作会社 セルジュ・シルベルマン・プロ作品
配給 20世紀フォックス
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 モノラル

「狼は天使の匂い」のみんなのレビュー

「狼は天使の匂い」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません