狼の唄

おおかみのうた
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「肉体の道」「フラ」「アビーの白薔薇」の監督ヴィクター・フレミング氏が監督した発声映画でレッド・プック誌に連載されたハーヴェイ・ファーガスン氏作の小説を「希望の船」「暗黒街の女(1928)」のジョン・ファーロウ氏と「青春狂想曲」のキーン・タムスン氏が脚色したもの。主演者は「空行かば」「店曝しの天使」のゲィリー・クーパー氏と「ガウチョウ」「心の歌」のルーペ・ヴェレス嬢で、「暴力団(1928)」「テムペスト(1928)」のルイス・ウォルハイム氏が共演するほか、コンスタンチン・ロマノフ氏、ミカエル・ヴァヴィッチ氏、アン・プロディー嬢が出演している。カメラマンは「青春狂想曲」のアレン・G・シーグラー氏である。

みんなのレビュー

「狼の唄」のレビューを書く

「狼の唄」のストーリー

1840年の春ロッキー山脈から3人の猟夫が出てきた。1人をガリオン、1人をサッチャー、もう1人の若い男をサム・ラッシュといった。彼ら3人は3年ほど前セント・ルイスのある酒場で肝胆相照す友となり、常に苦楽をともにしながら、ロッキーの山奥にわけ入って野獣の毛皮をはぎ、ラバに積んで町へ売りに出るのが仕事だった。ある時彼らはメキシコ領のタオスという町へ出たが、サムはその夜舞踏会ではからずもこの町の勢力家サヲサアルの令嬢ローラと知り合い、恋し合い、その夜のうちに彼はローラを連れて町を立退き、米国領のフォート・ベントへ逃げて行って、そこで結婚をして新世帯を持った。しかし家を持っては見たものの、放浪癖がすっかり心に食い込んでいるサムはガリオンとサッチャーが山へ帰るのを見送っては、じっとして居られず、袖ひき止める新妻の手を振り切って友達のあとを追った。ところが今度はローラの幻影がいつまでも彼の脳裡を去らず悶え抜いた揚句、遂にまた山をすてて引返すことにした。途中彼はインディアンに襲われたりして命からがらフォート・ベントへ帰って見ると、ローラは最早父親に連れられて故郷タオスへ去っていた。サムは再びタオスへ赴き、九死に一生を得て再びローラの腕に抱かれることが出来た。

「狼の唄」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「狼の唄」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「狼の唄」のみんなのレビュー

「狼の唄」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/14

ピーター・カパルディ(1958)

パディントン

世界40ヶ国語以上に翻訳される英作家マイケル・ボンドのロングセラー児童小説シリーズ、初の実写映画化。南米ペルーの奥地からイギリスのロンドンへやってきた紳士的なくまのパディントンの冒険をCGIやアニマトロニクスを用い描く。監督はコメディドラマ『マイティ・ブーシュ』を手がけたポール・キング。脚本には「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!」のハーミッシュ・マッコールも参加している。パディントンの声を「007 スカイフォール」のベン・ウィショーが担当。ほか、「めぐりあう時間たち」のニコール・キッドマンがパディントンを狙う謎の女を演じる。

赤ずきんの森(2006)

暗く広大な森で少女が体験した怪奇と幻想を描くメルヘンスリラー。16歳で出産し、周囲の大人たちに子供を取り上げられてしまったケリーは、友人と出掛けた森で大木に抱かれる赤ちゃんを見つけ出す。“マクザム バリュー・コレクション 第三弾”。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:クレイグ・スタラチェン 製作:ロス・ボーランド 編集:コリン・モニー スペシャルエフェクツ:ボブ・キーン 出演:マーティン・コンプストン/ピーター・カパルディ/サマンサ・シールズ/ケヴィン・クイン
ジーナ・マッキー(1961)

ファントム・スレッド

「リンカーン」などで3度のアカデミー賞主演男優賞に輝いたダニエル・デイ・=ルイス主演のラブストーリー。1950年代のロンドン。ファッションの中心的存在として脚光を浴びるオートクチュールの仕立屋レイノルズは、若いウェイトレス、アルマと出会う。監督・脚本は、「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン。出演は、「マルクス・エンゲルス」のヴィッキー・クリープス、「ターナー、光に愛を求めて」のレスリー・マンヴィル。音楽は、「インヒアレント・ヴァイス」のジョニー・グリーンウッド。第75回ゴールデングローブ賞2部門ノミネート。第90回アカデミー賞で作品賞を含む6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞。

ジミーとジョルジュ 心の欠片を探して

「クリスマス・ストーリー」のアルノー・デプレシャンが、実話を基にアメリカで撮影したヒューマンドラマ。心に傷を負ったネイティブアメリカンとフランス人精神分析医の親交が導く静かな奇跡を描く。出演は「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」のベニチオ・デル・トロ、「さすらいの女神(ディーバ)たち」のマチュー・アマルリック、「ひかりのまち」のジーナ・マッキー。

NEW今日命日の映画人 4/14

該当する人物がいません