大いなる別れ

おおいなるわかれ
上映日
1980年8月2日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

殺された親友の過去を調査したことから、ある事件の中に捲き込まれていく男を描くハード・ボイルド映画。製作はシドニー・ビッデル、監督は「愛の交響楽」のジョン・クロムウェル、脚本はオリヴァー・H・P・ギャレットとスティーヴ・フイッシャー、撮影はレオ・トーヴァー、音楽はマーリン・スカイルズが各々担当。出演はハンフリー・ボガート、リザベス・スコット、モーリス・カーノフスキー、チャールズ・ケイン、マーヴィン・ミラーなど。日本語版監修は岡枝慎二。モノクロ、スタンダード。1947年作品。

「大いなる別れ」のストーリー

親友ジョニーが殺され彼の過去を調査していたリップ・マードック(ハンフリー・ボガート)は、ジョニーが殺人罪で告発されていたことを知った。その事件の目撃者ルイス・オードという男を捜していたリップは、あるナイト・クラブを訪れた。マルティネリ(モーリス・カーノフスキー)の経営するそのナイト・クラブで、リップは歌手コーラル(リザベス・スコット)を知り、彼女はリップに、ジョニーは自分を愛するがゆえに夫を殺したのだと告げた。しかし、リップは、この美しい女コーラルに、何かを隠している秘密の部分を直感し、彼女につきまとった。そんな頃、事件の目撃者オードが殺され、リップは、マルティネリを怪しいとにらんだ。だが、事件の解明に近づいてきたリップを、マルティネリの部下クロウズ(マーヴィン・ミラー)が襲い、さんざん叩きのめした後、彼を監禁した。スキを見て脱出に成功したリップは、コーラルのアパートに身を隠し、意外な事を彼女の口から聞いた。彼女が夫を正当防衛で殺し、ジョニーがそれをかばったのだ、と。コーラルの悲しそうな顔を見て、リップは彼女の言うことを信じた。ある雨の夜、マルティネリの事務所を急襲したリップは、クロウズを叩きのめし、事務所に火を放った。そして、助けてくれと哀願するマルティネリの口から驚くような事実を聞き出した。愕然とするリップの元をスキを見て逃げ出したマルティネリが、一発の銃声と共に倒れた。背後にはコーラルの姿が……。車を走らせるリップの脇でコーラルが自分を連れて逃げてと哀願する。しかし、リップにはすべてがわかっていた。マルティネリはリップの身替りで死んでいったこと。そして、今また口から出ている言葉も偽りの言葉だということ……。警察に行ってすべてを告白しろというリップにコーラルは銃口を向けた。リップはその瞬間車のスピードをあげ弾をかわすが、そのためにコーラルもろとも車が炎上した。少しの傷で済んだリップは、病院で息をひきとるコーラルを複雑な気持ちで見守るのだった。

「大いなる別れ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「大いなる別れ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1947
公開年月日 1980年8月2日
製作会社 コロムビア映画作品
配給 インターナショナル・プロモーション
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード

「大いなる別れ」のみんなのレビュー

「大いなる別れ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 4/12

黒木和雄(2006)

映画作家 黒木和雄 非戦と自由への想い

2006年に急逝した映画監督・黒木和雄が訴え続けた平和への想いを映し出すドキュメンタリー。監督の肉声や作品、同世代の著名人や10代の学生のインタビューを通して、彼が抱いていた危機感、戦争を知らない世代が今の時代をどう捉えているのかを紐解いてゆく。監督は、黒木監督の「竜馬暗殺」などの助監督を経て、「正午なり」でデビューした後藤幸一。

紙屋悦子の青春

敗戦を間近に控えた田舎町を舞台に、出兵する二人の若者と残された娘の恋を描いた、ラブストーリー。原作は松田正隆氏の戯曲。ヒロイン・紙屋悦子役には「大停電の夜に」の原田知世。悦子を思う兵士役に、永瀬正敏と松岡俊介。監督は「父と暮らせば」の黒木和雄。
大平透(2016)

銀河鉄道物語 THE GALAXY RAILWAYS 忘れられた時の惑星

アルフォート星団帝国から銀河鉄道を守った激戦から1年。今また、銀河鉄道に新たな脅威が迫ろうとしていた―。1978年秋、フジテレビで放送されるや世代を超えて熱狂的ブームを巻き起こした松本零士の『銀河鉄道999』が、画業50周年を迎えた松本零士の集大成としてまったく新しい作品となって甦った。『銀河鉄道999』の星野鉄郎、メーテル、車掌さんも特別出演。

映画ドラえもん のび太のワンニャン時空伝

3億年前の地球に栄えた犬と猫の国を舞台に、ドラえもんとのび太、そしてその仲間たちが繰り広げる冒険を描いた長篇アニメーションのシリーズ第25作。監督は「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン」の熊谷正弘があたっている。声の出演に、「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」の大山のぶ代と「ドラえもん のび太とふしぎ風使い」の小原乃梨子、「劇場版 ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ」の林原めぐみ、「DOG STAR」の泉谷しげるら。尚、本作は「DORAEMON THE MOVIE 25th ANNIVERSARY」「Pa―Pa―Pa ザ★ムービー パーマン タコDEポン! アシHAポン!」と同時公開された。