お馬に乗って

おうまにのって
製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス コメディ

ここが見どころ

「お化けトラクター」「ブラウンの千両役者」と同じくジョー・E・ブラウン主演喜劇で、「コリーン」のピーター・ミルンと「お化けトラクター」のヒュー・カミングスが協力して書き下ろした脚本により、ウィリアム・マクガンが監督に当たった。撮影は「ロマンス乾杯」のL・ウィリアム・オコンネルが受け持った。助演者は「お化けトラクター」のキャロル・ヒューズ、「颱風」のスキーツ・キャラガー、「海行かば(1935)」のジョセフ・キング、「街の花嫁」のゴードン・エリオット、「シスコ・キッド(1935)」のジョージ・E・ストーン、「上海」のオリーヴ・テル等という顔ぶれである。

「お馬に乗って」のストーリー

ジョー・ボルトンと忠実な召使ヘイウッドは、10年振りで中国から帰国し、金満家のミニー叔母燦の家へ行った。隣にメリーという美しい娘がいて、ジョーはたちまち彼女を好きになってしまう。ところがこの辺はポロ競技の盛んな地方で、メリーはポロの名選手ドン・トラムボーを尊敬している。そこでジョーもポロをやろうと思い、自分は中国にいる時有名な国際選手だったとでたらめを述べた。こんな事からのっぴきならずポロをやらねばならなくなり、ヘイウッドはジョーを驢馬に乗せて、こっそり練習をやらした。しかし本当の試合に出すと命が危ないので、ヘイウッドは2名のギャングを雇って、試合が済むまでジョーを監禁しておく事にした。するとギャングは本性を現し、メリーの父ヒルトン大佐に彼の身代金5000ドルを要求した。ヘイウッドが大佐とドンを連れ、警官の後について隠れ家へ行ってみると、ジョーは悪漢を殴り倒して悠々と出て来るところだったが、ドンはこれを故意に打った芝居だと云い、ジョーを嘲笑したので、2人はついにポロで雌雄を決することになる。ヘイウッドは主人の身を案じ彼に温和しい馬を与えたが、それは曲馬団の馬だったので試合開始の楽隊が始まると、曲芸を始めてゲームそこのけでワルツやツウ・ステップを踏んで浮かれ回った。この結果はドンのチームは大差の得点で前半戦を終わり、ジョーは観衆の嘲笑の的となった。後半でも、ドンは馬を替えてはならぬ、と云うのでジョーは又サーカスの真似をせねばならぬ破目となったが、ヘイウッドの奇策によってジョーの馬は大活躍をやり、ジョーは奇想天外の妙技を連発した。かくてジョーのチームは11対10で試合に勝ち、彼はその日のヒーローとなり、メリーの愛を得ることが出来た。

「お馬に乗って」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「お馬に乗って」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス コメディ
製作国 アメリカ
製作年 1936
製作会社 ワーナー・ブラザース映画
配給 ワーナー支社輸入
レイティング

「お馬に乗って」のみんなのレビュー

「お馬に乗って」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません