危険な遊び(1958)

きけんなあそび Les Jeux Dangereux
上映日
1959年7月24日

製作国
フランス

上映時間
94分

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

戦前版の「罪と罰(1935)」を作ったピエール・シュナール監督が、「河は呼んでる」のパスカル・オードレと「宿命」のジャン・セルヴェを主演に作った、パリ貧民街を舞台とするティーン・エイジャー犯罪映画。ルネ・マッソンの小説「シシリー王街の少年たち」を、シュナール自身と「乙女の館」のポール・アンドレオータが共同で脚色、台詞はアンドレオタ。撮影を「野性の誘惑」のマルセル・グリニョンが担当、音楽はポール・ミスラキ。他の出演者はルイ・セニエ、ジェルメーヌ・モンテロ、ジュディット・マーグル、サミー・フレー、ジミー・ウルバン、ジョエル・フラトー、フランソワ・シモン・ベッシー、サミー・フレー等。

「危険な遊び(1958)」のストーリー

パリの貧民街、ここに住む人たちは強い連帯感を持っている。少年たちはグループを作り、秘密の洞穴を持っていた。首領株のジュリアン(ジョエル・フラトー)は十八歳、妹のフルール(パスカル・オードレ)はグループの紅一点。彼女は兄をこの世の中で最も愛していた。ジュリアンは恋人と一緒に暮すため盗みを働いた。ところが失敗して警官を傷つけてしまった。フルールは兄の弁護士を頼むため金策に奔走した。その頃、貧民街にアランという金持の少年が、バイオリンを習いに通っていた。フルールは彼に目をつけた。仲間と一緒にアランを誘拐して洞穴に監禁した。アランに手紙をかかせて、父親のゴメス氏に身代金を要求した。ゴメス氏は友人で落ちぶれた私立探偵のフルニエ(ジャン・セルヴェ)を訪ねた。フルニエは気乗りしなかったが、しぶしぶ引受けることにした。フルールと仲間たちは、貧民街に捜索に来たフルニエの妨害をした。アランはフルールを傷つけて逃走しようとしたが失敗した。怒った仲間はゴメス氏に最後の要求を発した。フルールは百万フランを手に入れた。グループの年長者はアランを殺そうといった。フルールは反対した。それはアランが好きになっていたから。アランは家に帰すと、外に連れ出された。思いあまったフルールは、フルニエにアランの危急を告げた。アランは河に投げこまれる寸前に助けられ、無事に邸へ戻った。ゴメス氏はフルール一味を警察に突き出せとフルニエにいった。しかし、母親はアランの気持を察して、以後彼女と二度と会わぬなら警察に訴えないといった。アランは辛かった。だがフルールを愛するために承諾した。許されたフルールは、窓から見下すアランを、ふりかえり見ながら邸を出ていった。浮浪児に同情したフルニエは、そのうちの一人をひきとることにした。

「危険な遊び(1958)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「危険な遊び(1958)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 フランス
製作年 1958
公開年月日 1959年7月24日
上映時間 94分
製作会社 リュクス・フィルム
配給 東和
レイティング 一般映画
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ モノクロ/スタンダード
音量 モノラル

「危険な遊び(1958)」のみんなのレビュー

「危険な遊び(1958)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/29

ジャック・リヴェット(2016)

アニエスの浜辺

「落穂拾い」のアニエス・ヴァルダ監督による自伝的ドキュメンタリー。生い立ちや家族、友人、思い出の地、亡夫ジャック・ドゥミ、ヌーヴェル・ヴァーグ、ハリウッド等、彼女自身が語り、過去の作品やインタビュー、心象風景を交えながら現在と過去を繋いでいく。出演はアニエス・ヴァルダ、ジャック・ドゥミ、マチュー・ドゥミ、ジャン=リュック・ゴダール、ジェーン・バーキン、カトリーヌ・ドヌーヴ、ハリソン・フォード、ジム・モリソンなど。まもなく81歳になるアニエス・ヴァルダがベルギーの浜辺に立ち、鏡を並べる指示を出している。その鏡には海やアニエス自身、人影等が映りこむ。振り返ると彼女の人生には、いつも浜辺があった。子供時代を過ごしたベルギーの浜辺に始まり、戦火を逃れて疎開した南フランスの港町セート、夫であるジャック・ドゥミと渡ったアメリカ・西海岸……。自身、家族、友人、そして夫について思いを馳せながら続ける旅は、アニエスの個人史であると同時に、第二次世界大戦、戦後、ヌーヴェル・ヴァーグ、フラワーチルドレン、ウーマン・リヴ……、さながら現代史、そしてフランスの芸術史でもあった。

ランジェ公爵夫人

19世紀フランスを代表する作家、バルザックの同名小説を「美しき諍い女」のジャック・リヴェット監督が映画化。パリを舞台に繰り広げられる、貴族階級の女性と無骨な軍人の数奇な運命の恋物語。主演は「恋ごころ」のジャンヌ・パリバールと、ジェラール・ドパルデューの息子で「ポーラX」にも主演したギョーム・ドパルデュー。

「危険な遊び(1958)」を観ているあなたにおすすめの映画