愛の復活

あいのふっかつ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「ショウ・ボート(1929)」「恋のからくり」のローラ・ラ・プラント嬢が主演する喜劇で、マキシーン・アルトン女史の原作を「西部殺陣」「最後の乱闘」のハロルド・シューメイト氏が脚色し、「女秘聞」「八面六臂の男」のエメット・J・フリン氏が監督、「薫る河風」「ショウ・ボート(1929)」のギルバート・ウォーレントン氏が撮影したものである。相手役は舞台から来たウォルター・スコット氏が勤め、同じく舞台女優だったミルドレッド・ヴァン・ドーン嬢とユージン・ボーデン氏が助演している。

「愛の復活」のストーリー

メエリーとジャックとは好き合って結婚した仲でありながら始終夫婦喧嘩が絶えなかった。それは下手の横好きのくせに自分では天分がある画家であると自惚れているメエリーのパリ遊学に就いてであった。ジャックに横恋慕しているリイアは邪魔者のメエリーを追い払おうと企み、ジャックに女房操縦の秘訣は何でも言うことをハイハイと承知するのが一番の近道であると教えた。ジャックにパリへ絵画研究に行ってよいと言われて驚いたメエリーは今更ら取消しもならず出掛けたが、ジャックと一緒に見送りに来たリイアを見て彼女はリイアの企みを感付いた。メエリーはパリでアトリエを借りアパッシュのベノをモデルに絵を描くことになった。ベノは自分は本当はラスティニャク伯爵であると打明け切りにメエリーの美貌を称えた。ジャックに引かえロマンティックな此のフランス人に一寸心を惹かれた彼女は自分は近く離婚する心算であると話した。其後ジャックから電報が来て離婚の件は賛成で自分はリイアと一緒にパリに結婚式を挙げに行くと知らせがあった。メエリイはジャックを失うことが悲しく思われた。その時巡査がベノを探しにやって来て、伯爵と称して馬鹿な女を騙す男だから用心しろと警告した。ジャックとリイアが巴里に着いた時停車場へ出迎えに行ったメエリーは2人をアトリエに連れて来た。其晩大雨が降って2人は外出が出来なくなった。メエリーはラスティニャク伯爵と結婚する心算だと告げてジャックの嫉妬心を煽った。リイアは何うにかして此家を去ろうと考えジャックにタクシーを雇って来てくれと頼んだ。メエリーはリイアに風邪薬といって催眠剤を飲ませて眠らせてしまった。ジャックが帰って来るとベノがやって来たのでメエリーは芝居をして見せた。所へベノの情婦が跳込んでメエリーの嘘がばれたがジャックは矢張りメエリーを愛している事を悟って彼女と久し振りに相抱いた。

「愛の復活」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛の復活」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 ユニヴァーサル映画
配給 大日本ユニヴァーサル社輸入
レイティング

「愛の復活」のみんなのレビュー

「愛の復活」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません