黄金に踊る

おうごんにおどる
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「街の風景」「今宵ひととき」と同じくサミュエル・ゴールドウィン・プロダクションで、大当たりをとったゾー・エイキンス女史作の舞台喜劇に基いてロナルド・コールマン映画の脚色者たり戯曲家たるシドニー・ハワードが脚色し、俳優として古くから知られているローウェル・シャーマンが監督に当たり「街の風景」「国際盗賊ホテル」のジョージ・バーンズが撮影したもの。出演者は「名門芸術」のアイナ・クレア、「若き血に燃ゆる頃」「印度の寵児」のマッジ・エヴァンス、「群集の喚呼」「ルンペン紳士」のジョーン・ブロンデルの三金髪女優を始め、「男子入用」「最後の偵察」のデイヴィッド・マナース、「希望の星」「クラック将軍」のローウェル・シャーマン等である。

「黄金に踊る」のストーリー

これは三人の、つまり、恋愛の対象にはお金以外の何物をも意に介しないニューヨークムスメの恋愛記録である。もっとも娘といっても、三人組の姉御株のジーンはさすががっちりしたもので、ニューヨークで老人のお旦那から相当巨額のおたからを絞りあげて、花のパリへしけ込んだまでは宜かったのだが、株の暴落にひっかかり、着のみ着のままでニューヨークへ帰ってくる。これから、ニューヨークのモダンガール三銃士、ジーン、ポレール、シャッツェは格好な紳士を世話してやろうということになる。ジーン帰朝の晩に早速、女三人とポレールの友達で大金持ちエムリイの伜デイ、それに金廻りのいいピアニストのボリス・フェルドマン、の五人でささやかなパーティを開いたのである。フェルドマンの金ばなれのよさにジーンが、芸術家としての天分に若いだけにロマンチックなところが抜け切らないポレールが夫々まいってしまう。ポレールは彼女たちが信ずる黄金第一主義に反して、本当はデイと惚れ合っていた筈なのであるが、その晩は何うしたはずみか、フェルドマンの巧い口の端に乗せられて、デイと喧嘩別れして了ったのである。フェルドマンをものにしたジーンは、もともと音楽なんてものに趣味も興味も持っていないので、いつしか二人の間には秋風が立つ。そこでジーンは今度はデイを篭絡しようとかかったので、すっかりポレールとシャッツェを憤慨さして、絶交されてしまう。で、結局ポレールとデイの仲は戻り、ポレールは到頭天下晴れてデイの父親ジャスチン・エムリーと対面する段取りに漕ぎつけたその当日、何を思ったかジーンはポレールは無事だったが、ポレールやシャッツェの後を追ってエムリー家へ乗込み、父親のジャスチンに会ってたちまちマンマと篭絡して了い、結婚しようという話まで運んだ、おかげでポレールとデイとの芽出度い話はすっ飛んで了った。さてジーンと親爺のエムリーとの結婚の当日--重なる恨みを報わんと一計を案じたポレールとシャッツェは酔っぱらってジーンの部屋を襲い、自分たちの自由気侭な楽しい生活を讃美し、老人との結婚生活の味気なさを痛罵したので、すっかりその気になって了ったジーンは、結婚はそのまま打っちゃらかして、シャッツェに誘われる侭にパリ行きの汽船に乗り込む。その船には誤解のとけたデイとポレールも乗っていた。二人は平凡に恋を語っているのだが、ジーンとシャッツェは又しても一人の「かも」をめぐって喧嘩を始めたのである。

「黄金に踊る」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「黄金に踊る」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1932
製作会社 ユナイテッド・アーチスツ映画
配給 ユナイテッド・アーチスツ支社
レイティング

「黄金に踊る」のみんなのレビュー

「黄金に踊る」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。