追いつめられた女

おいつめられたおんな
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

現代アメリカの10大人気作家の小説(リバーティー・マガジン連載)を映画化したもの。作者はルパート・ヒューズ、ヴィッキ・バウム、ヴィニャ・デルマー、アーヴィン・S・コップ、ガートルード・エイザートン、J・P・マッケヴォイ、ゼーン・グレイ、ウルスラ・パロット、ポーラン・バンクス、ソフィー・カーの10人で、脚色には「戦く幻影」のベイヤード・ヴェイラーが、監督には「デキシー歌舞曲」「死線に立つ」のポール・H・スローンが当たった。出演者は「紐育の仇討」「七月の肌着」のナンシー・キャロル、「お蝶夫人」「七月の肌着」のケーリー・グラントを始め、「大西洋横断」「支配する声」の ジョン・ハリデイ、「お蝶夫人」「明暗二人女」のアーヴィング・ピチェル、「腕の男」 「盗まれた天国」のルイス・カルハーン、「巴里の丑満時」のジャック・ラルー、1932年度ワンパス・ベビー・スターの1人に選ばれたロナ・アンドレ、フランク・シェリダン、 ジョン・デイヴィス・ロッジ、ノーマ・ミッシェル等が助演している。撮影は「暴君ネロ(1932)」「謎の真空管」のカール・ストラッスの担当である。

「追いつめられた女」のストーリー

愛し合っているグレンダ・オプライエンとジェフリイ・バクスターは遊覧船で旅行 し船上で結婚しようという素晴らしい計画を立てその準備の最中に、グレンダの昔の恋人リオ・ヤングが現れたので、彼女はヤングのアパートへ行って彼とは永久に別れる旨を断ったが、男は復縁を迫って肯かず、彼女がキッパリ拒絶すると暴力団のマクシーにジェフリイを殺させると脅迫し、電話をかけたので、彼女はそこにあった青銅の像で彼を殴ったところ男はもろくもそのまま絶命した。彼女はあわてて自分のアパートへ帰ると彼女の着物に血痕が附いているのを見たお手伝いのマーサは彼女を逃がし、罪の発覚を防ごうとした。ヤングの友人ベッセマーはグレンダに嫌疑をかけ、其筋の許可を得て彼女を尾行し確信を握ろうと遊覧船フロリダ号に乗込み、遠廻しに探りを入れたが、確証が掴めなかった。やがて航海の最後の晩、仮装余興会が催されるので、ベッセマーは一策を案じ、グレンダを殺人被告に仕立て、自分が検事となって模擬裁判を開いた。この公判劇は果然大人気を呼び見物の爆笑を買ったが、演っている本人たちにとっては息詰まる舌戦だった。ベッセマーは遂にスーツケースから血痕の附着した彼女の着物を取出しこれを突付けて彼女の有罪を主張し、更に1通の電報ー無論偽電だがーを読上げ、犯行に用いた像に彼女の指紋があったと喝破するや、彼女は遂に包み切れず犯行を自白した。これを芝居の一部だと思った見物は余りにも真に迫ったその演技にやんやと喝采した。予期以上の成功にほくそ笑んだベッセマーは官憲に彼女の逮捕方の手配を無電で依頼したが、グレンダは泣き崩れてジェフリイにヤングを殺した次第を告白するのだった。上陸後、ベッセマーは証人としてマックシーを呼び、犯行当時彼がヤングの室で声を聞いたのはグレンダだと証言させた。ジェフリイは弁護士なのでマクシーの証言を覆さすべく決心し、ホテルの一室でマクシーを脅しさきの証言を取消させた。それにお手伝いの証言したグレンダのアリバイを覆す何等の反証も挙がらないので検事は本件を不起訴にし、愛する2人 は無事に結婚することが出来た。

「追いつめられた女」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「追いつめられた女」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1933
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「追いつめられた女」のみんなのレビュー

「追いつめられた女」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/2

ダン・バトラー(1954)

山猫は眠らない2 狙撃手の掟

「プラトーン」「メジャーリーグ」のトム・ベレンジャーが伝説のスナイパー、トーマス・ベケットを演じる「山猫は眠らない」の続篇。監督はシャープで重厚なアクションシーンには定評のあるクレイグ・R・バクスレー。製作総指揮は「カットスロート・ハイウェイ」「ヴァンパイア・ハンター」監督としても知られているJ・S・カードネ。また製作のキャロル・コッテンブルックは公私共にカードネのパートナーである。もう一人の製作者は「トゥルー・ブルー」「D.N.A」のスコット・アイビンダー。前作に引き続き音楽を担当するのが「沈黙の戦艦」「D.N.A」のゲイリー・チャン。脚本はハリウッドの新鋭ライターチームのロン・ミタ&ジム・マックレインで、アクション大作「S.W.A.T」でも共同脚本を手掛けている。

ザ・ファン

人気野球選手への過剰な思い入れのあまり、次々と異常な行動を重ねていく男の犯罪を描いたサイコ・スリラー。売れっ子サスペンス作家、ピーター・エイブラハムズ初の映画化で、彼の同名長編小説(邦訳・早川書房)を、米NBCの人気TVドラマシリース『チアーズ』のフォフ・サットンが脚色。監督には「クリムゾン・タイド」のトニー・スコットがあたり、撮影のダリウス・ウォルスキー、音楽のハンス・ジマーも同作に続いての参加。製作は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のウェンディ・ファイナーマン、エグゼクティヴ・プロデューサーはビル・アンガー、ジェームズ・W・スコッチドポール、バリー・M・オズボーンの共同。美術はアイダ・ランダム、編集はクリスチャン・ワグナーとクレール・シンプソンの共同。服装の変化が犯人の心理の移り変わりを表しているという衣裳デザインは、「カジノ」に続いてデ・ニーロの衣裳を担当するリタ・ライアックと、ダニエル・オルランディ。また、連続出場の世界記録を達成した大リーガーのカル・リプケン・ジュニアがテクニカル・アドバイザーを務めたほか、95年までフィリーズで活躍したジョン・クラックが5番打者役で出場しているのをはじめ、プロ選手が多数出演しているのも話題に。主演は「カジノ」「ヒート」のロバート・デ・ニーロと「マネートレイン」のウェズリー・スナイプス。共演は「ボーイズ・ライフ」に続いてデ・ニーロと共演となるエレン・バーキン、「3人のエンジェル」のジョン・レグイザモ、「ユージュアル・サスペクツ」のベニチオ・デル・トロほか。
ニック・チョン(1964)

インビジブル・スパイ

潜入捜査を描く香港のTVドラマ『使徒行者』のスピンオフシリーズ第2弾。警部チェンと警視イップは、世界中の警察にスパイを送り込むテロ組織を追うジャーナリストを保護。捜査に乗り出したところ、警視ジェンが潜入捜査官だったチェンを疑い捜査権を奪う。『使徒行者』スピンオフシリーズ第1弾である「ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官」から続きジャズ・ブーン監督のもと、ルイス・クー、ニック・チョン、フランシス・ンらが集う。「インファナル・アフェア」シリーズを手がけたアンドリュー・ラウ監督がプロデューサーを、「ゴールデン・ジョブ」のチン・ガーロウがアクション監督を務めた。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハード・ナイト

「ダイ・ハード2」のレニー・ハーリン監督が放つバイオレンス・アクション。クリスマス・イブの香港。謎の武装グループが遺体検死中の監察医を襲撃。外部と遮断された密閉空間の中、不可解な要求を突きつけられた監察医たちは、危険な心理戦を仕掛けていくが……。出演は「激戦 ハート・オブ・ファイト」のニック・チョン、『霜花の姫~香蜜が咲かせし愛~』のヤン・ズー、「若葉のころ」のリッチー・レン。特集企画『未体験ゾーンの映画たち2020』にて上映。