追いつめて殺せ!

おいつめてころせ
上映日
1968年7月3日

製作国
アメリカ

ジャンル
アクション

ここが見どころ

「大いなる西部」で脚色を担当したロバート・ワイルダーの小説「ケシの果実」を、デイヴィッド・カープが脚色、俳優出身のブライアン・G・ハットン(「OK牧場の決斗」「聖なる漁夫」「インターン」などに出演)が監督したGメンの活躍を描くアクションもの。撮影は「0011ナポレオン・ソロ ミニコプター作戦」のフレッド・コーネカンプ、音楽は「暴力脱獄」のラロ・シフリンが担当した。出演は「ナポレオン・ソロ」シリーズのデイヴィッド・マッカラム、「特効大作戦」のテリー・サヴァラス、「歌え!ドミニク」のリカルド・モンタルバンほか。製作はホール・バートレット。

「追いつめて殺せ!」のストーリー

ニューヨークのイースト・ハーレムで麻薬常用者の手入れがあった時、1人の若者が捕まえられた。ところがこの男はソル・マドリッド(デイヴィッド・マッカラム)という麻薬Gメンで秘密結社マフィアの手に流れる麻薬ルートの捜査にあたっていたのだ。ちょうどこの頃、マフィアの人間コンピューターといわれる男ハリーが、若ボスディノの情婦ステイシー(ステラ・スティーヴンス)と一緒に、組織の金50万ドルを持ち逃げしたというニュースが入った。ソルは2人を追った。まずステイシーをとらえ、ハリーはアカプルコにいることをつきとめた。ハリーは麻薬取引の大物エミル・ディートリッヒ(テリー・サヴァラス)の広大な屋敷にかくまわれていた。ディートリッヒは、かつてマフィアと大きな商売をしていた男だが、2年前にけんか別れして以来、今もいがみあっている。ソルはディートリッヒにとり入り、単独で麻薬の取引きをし、大成功を収めた。これでディートリッヒの絶大な信頼を得るようになった。そして、彼のもとで次の大仕事、300万ドル相当の麻薬を集める仕事をもスタートさせた。この頃、マフィアのディノがアカプルコに乗り込み、ステイシーを拉致し、ヘロイン患者にしてしまった。そして、その夜、ディートリッヒの屋敷を出たハリーが何者かに殺された。翌晩、ディートリッヒの家には多量の麻薬が集められた。だがその時、ソルの合図で警官隊がなだれこみ、この麻薬の本拠は壊滅。直後、ソルは仲間のハリスコと対決した。誰も知らないはずのステイシーの隠れ家やハリーの殺害、ハリスコがマフィアと通じているとしか、ソルには考えられなかったからだ。ソルはステイシーの監禁場所をハリスコから聞き出した後、彼を処分した。翌朝ソルは、ディノの隠れ家を襲い、死闘を演じてついに彼を殺した。そしてステイシーはヘロイン患者として病院に送られた。

「追いつめて殺せ!」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「追いつめて殺せ!」のスペック

基本情報
ジャンル アクション
製作国 アメリカ
製作年 1968
公開年月日 1968年7月3日
製作会社 ガーシュイン・カストナー・プロ
配給 MGM
レイティング

「追いつめて殺せ!」のみんなのレビュー

「追いつめて殺せ!」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません