オールド・イナフ としごろ

おーるどいなふ
上映日
1986年1月11日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ニューヨークの高級住宅に住む11歳の少女の夏の日常生活を描く。製作はダイナ・シルヴァー、監督・脚本はマリサ・シルヴァー、撮影はミハエル・バルハウス、音楽はジュリアン・マーシャル、編集はマーク・バーンズ、美術はジェフリー・タウンセンドが担当。出演はサラ・ボイド、レインボウ・ハーヴェストほか。

「オールド・イナフ としごろ」のストーリー

ロニー(サラ・ボイド)は、11歳と9カ月。そろそろ異性のことが気になり出した思春期の女の子。ニューヨークの夏休みは始まったばかりで、彼女はサマー・キャンプに通っている。バスに乗ろうとしたロニーは、l人の印象的な少女と出会う。長く黒い髪、大人びた少し不良っぽい口調、Tシャツの似合う少女の名はカレン(レインボウ・ハーヴェスト)――14歳。サマー・キャンプから帰ったロニーの後をつけたカレンは、ロニーに声をかけ家に入っていいかと聞いた。4階建ての家にお手伝いさん付きで暮らしているロニー。その裕福さに圧倒されるカレン。翌朝、カレンが再び待ちぶせしていた。いっぱい教えたいことがあるというカレンの誘いにのってサマー・キャンプをさぼるロニー。スーパー・マーケットで化粧品を万引きしたりしてカレンの家に行った。貧しい生活だが楽しく送っている彼女の家族。兄のジョニー(ニール・バリー)は大人っぽく魅力的だ。すべてがロニーには新鮮に思える。すっかりカレンと意気投合したロニーは、次の日もキャンプをさぼってカレンの家に泊り込んだ。しかし、全く生活環境の違う2人は、だんだんにかみあわないものを感じ出した。鍵を持ち出したことが父親(ダニー・アイエロ)にばれて叱られ、泣きじゃくるカレンに、母親(スーザン・キングズレー)は、教会に行って懺悔するよう諭す。懺悔するカレンをも珍しげに見つめるロニー。彼女は教会もお祈りも初めて見るのだ。十字架を渡すカレンに、ロニーはカレンが欲しがっていたパールのネックレスを差し出す。ロニーに誘われて、パーティに行ったカレンがお金を盗んで喧嘩になったり、家に出入りするうちに、ロニーがジョニーと仲よくなったり、カレンのアパートにカーラ(ロクサンヌ・ハート)というセクシーな女性が越してきて男性たちが誘惑されたり、そうこうするうちに夏休みも終わろうとしていた。家に帰ってくると、ロニーの母親はディナーに出掛けるためにドレス・アップをしていた。思わず母親の背中に顔をうずめるロニー。「明日から学校ね」と優しく語りかける母親にこっくりうなずくロニーの目から一筋の涙がこぼれ落ちるのだった。

「オールド・イナフ としごろ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オールド・イナフ としごろ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1984
公開年月日 1986年1月11日
製作会社 シルヴァー・フィルム・プロ作品
配給 シネセゾン
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「オールド・イナフ としごろ」のみんなのレビュー

「オールド・イナフ としごろ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/25

円谷英二(1970)

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

ネオ・ウルトラQ 特別上映 part.II

1966年に放送された伝説のテレビドラマ『ウルトラQ』。その後の「ウルトラマンシリーズ」の礎となった作品。2013年、円谷プロダクション×WOWOWの共同製作による“セカンドシーズン”として全12話のまったく新しいドラマシリーズ『ネオ・ウルトラQ』が最新鋭4Kカメラを導入し、石井岳龍、中井庸友、入江悠、田口清隆ら4人の気鋭のクリエイターたちにより制作された。WOWOWでの放映に続き、2013年より順次、劇場公開される。 TV放映された全12話の内3話に加え、モノクロ作品であったオリジナルの『ウルトラQ』をハリウッドのデジタル技術でHDリマスター&カラー化した『総天然色ウルトラQ』から、選んだ一話を加えた計4話構成で上映。