夫の日記

おっとのにっき
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「フリスコ・ジェニー」と同じくルース・チャッタートン出演映画で、ジャック・デュヴァル作の戯曲を「吾は愛せり」のチャールズ・ケニヨンが「流行の王様」のF・ヒュー・ハーバートと共同脚色し、「女囚の意気地」のウィリアム・ケイリーが監督し、「五十六番街の家」「巨人ジョーンズ」のアーネスト・ホーラーが撮影を担当した。相手役は「戦場よさらば」「十三日の殺人」のアドルフ・マンジュウが勤め、「異人種の争闘」のクレア・ドッドを始め、ジョージ・バービア、ノエル・マディソン、ダグラス・ダンブリン等が助演している。

「夫の日記」のストーリー

劇作家ポール・モレーは女優オデットに恋していた。ところが彼女は栄達のために彼を利用してるだけだったので、奥さんと離婚しなければいや、と無理難題をふっかけた。モレーの妻フランソアーズは夫の恋を気付いて激しい嫉妬に逆上せんばかりだったが、知らぬ顔で夫の心を自分に向かせようと努めた。それが無駄だと知ったとき彼女は劇場に忍び入り、舞台稽古中のオデットを狙撃して誰にも見咎められずに自宅に帰った。折から、銀行員殺しの強盗コステリが劇場に逃げ込んだので彼がオデットを殺したものと認められて捕縛された。ポールはしかし凶器の拳銃から妻が下手人であることを知り、妻に自首せよと言ったが彼女は拒んだ。かくて夫妻は表面は夫婦として他人同志の生活を始めた。フランソアーズは不幸だった。殊にコステリがオデット殺しの罪を被せられてるのが辛かった。遂に彼女は検事総長が友人であるのを利用してコステリを獄中に訪れ、オデット殺しを告白した。しかしコステリはどうせ自分は死刑だから貴女は黙っていよと却って慰めた。しかしコステリが2つの殺人罪で絞首の刑になるとの新聞を見ると堪らなくなり、検事総長のもとへ告白に赴いた。その途中、自動車に轢かれそうになった子供を救おうとしてフランソアーズは大怪我をした。そのために彼女は記憶を喪失してしまった。ポールはオデットに夢中にはなったが、もともと妻を愛していたので、彼女が良心に苛なまれている姿を見ているうちに再び愛するに至った。そこでポールは南フランスの別荘に妻を伴って改めて彼を愛することを教えるのであった。

「夫の日記」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「夫の日記」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1934
製作会社 ファースト・ナショナル映画
レイティング

「夫の日記」のみんなのレビュー

「夫の日記」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません


「夫の日記」を観ているあなたにおすすめの映画