オックスフォード・ブルース

おっくすふぉーどぶるーす
上映日
1987年6月13日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

イギリスの貴族の娘を恋人にするために、オックスフォード大学に乗りこんだ大学生の青春を描く。製作はカシアン・エルウェ、エリオット・カストナー、監督はロバート・ボリス、撮影はジョン・スタニアー、音楽はジョン・デュプレ、衣装はピップ・ニューベリーが担当。出演はロブ・ロウ、アリー・シーディーほか。

「オックスフォード・ブルース」のストーリー

ラスベガス。ネバダ大のボート部の期待の星、ニック・ディアンジェロ(ロブ・ロウ)の夢は、雑誌の記事で一目惚れしたイギリスの貴族の娘、レディ・ヴィクトリア(アマンダ・ぺイズ)をモノにすることだ。ヴィクトリアが在学するオックスフォード大学に留学するため、ニックはコンピュータ・マニアの友達を買収して成績を操作。ギャンブルで大儲けし留学資金もバッチリ、オックスフォードに乗り込んだ。アメリカからの留学生ロナ(アリー・シーディー)がニックに声をかけるが、ニックは無関心。入学式、ニックはヴィクトリアを見かけた。が、彼女にはボート部のエースで貴族の婚約者コリン(ジュリアン・サンズ)がいた。ある日、ボートのレースに飛び入りしたニックは、注目の的となる。ニックはヴィクトリアに話しかけ、コリン主宰のパーティに誘われた。ヴィクトリアに告白したニックは、コリンにボートでの決闘を挑む。一歩及ばず負けたニックに、見ていたサイモンは、自分を磨くようチーム入りを説き、コリンの対抗心からチーム入りする。チームのコックスのロナの応援もあり、ニックは、名誉であるブルージャケットを贈られた。ロナを部屋に連れ込んだコリンの相棒ガレスを殴ったニックは、懲罰教授会に呼ばれた。警告の拠置に収まらないガレスたちは、にせのヴィクトリアからの招待状をニックに送る。突然のニックの来訪にヴィクトリアは驚きながらも部屋に誘い、ニックは夢を果たした。が、翌日、レースをすっぽかし、ブルージャケットを剥奪される。ヴィクトリアはニックに、コリンとの結婚を告げた。ニックはからむガレスを再び殴り、大学からの追放を言い渡される。帰国の準備をするニックに、コリンは父の雪辱戦であるハーバードとのレースに一緒に出てくれ、と言う。ロナの説得で出場したニックは、力漕、25年ぶりの逆転勝利をもたらす。そして、教授から仮及第、ブルージャケットを手にした。

「オックスフォード・ブルース」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「オックスフォード・ブルース」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1984
公開年月日 1987年6月13日
製作会社 MGM=UA作品
配給 日本ヘラルド映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「オックスフォード・ブルース」のみんなのレビュー

「オックスフォード・ブルース」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません