エルマー・ガントリー 魅せられた男

えるまーがんとりーみせられたおとこ
上映日
1961年4月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ノーベル賞作家ハリー・シンクレア・ルイスの原作を「熱いトタン屋根の猫」のリチャード・ブルックスが自ら脚色・監督した、野望に燃える1人の男を描いたドラマ。撮影は「バラの肌着」のジョン・アルトン、音楽をアンドレ・プレヴィンが担当。出演は「許されざる者(1960)」のバート・ランカスター、「スパルタカス」のジーン・シモンズ、ほかにアーサー・ケネディ、シャーリー・ジョーンズら。製作バーナード・スミス。

「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のストーリー

口も八丁手も八丁、腕ききのセールスマン、エルマー・ガントリー(バート・ランカスター)は、女にかけても腕力にしても人におくれはとらなかった。そんな彼が人々から聖処女としたわれている、若くて美しい女教祖シャロン(ジーン・シモンズ)に一目惚れしてしまった。エルマーは巧みに宗教団体に入りこみ、たちまち伝道団きっての弁士になった。伝道士と一緒に旅行している新聞記者ジム(アーサー・ケネディ)は、新聞には遠慮のない記事を書き、エルマーとことごとに対立したがいつしか彼の個性にひかれた。一方、シャロンも強烈な情熱を発散するエルマーを拒みきれなかった。1度体を許してしまった彼女も、1人の平凡な女の正体を暴露した。エルマーは自分を売り出すために売春組織の撲滅を叫んだ。大勢の人々の先頭に立って、売春街にのりこんだ。そこで学生時代に自分が犯し、それがもとで売春婦になったルル(シャーリー・ジョーンズ)にあった。ルルはエルマーの行為をあざわらった。彼女はすすんで売春ボスの手下になり、エルマーを絶体絶命の窮地におとしいれた。が、ルルの心は彼に対する真実の愛で燃えた。ジムはルルから真相を聞き、新聞に発表した。自分の身をかえりみずにエルマーを助けようとするシャロンの愛情とルルの誠実が彼を救った。長年の念願かなって、教会をたてることの出来たシャロンは、エルマーとの幸福な生活を夢みた。しかし運命のいたずらは教会を焼き、シャロンも焼き殺した。生涯かけて愛した女性シャロンを失ったエルマーは、人気の絶頂から悲嘆のどん底に突きおとされた。そして彼の人生を大きく変えた。

「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1960
公開年月日 1961年4月20日
製作会社 ランカスター・ブルックス・プロ映画
配給 日本ユナイテッド・アーチスツ
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のみんなのレビュー

「エルマー・ガントリー 魅せられた男」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 11/27

ジャリール・ホワイト(1976)

キャメロット(1998)

英国で語り継がれてきた『アーサー王伝説』を、ひとりの少女を主人公に再現したドラマティック・アニメーション。ベラ・チャップマン著『The King's Damosel』をもとに、ワーナー・ブラザース・フィーチャー・アニメーションが製作する初の劇場用長編アニメ映画。原案はTVでも活躍するデイヴィッド・サイドラーとジャクリーン・フェザー。製作は「顔のない天使」のダリサ・クーパー・コーエン。音楽は「ハムレット」のパトリック・ドイルで、過去にグラミー賞を14回獲得しているデイヴィッド・フォスターが楽曲を提供。声の出演は「ジャックナイフ」のジェサリン・ギルシグ、「ツイスター」のケーリー・エルウェス、「フィフス・エレメント」のゲイリー・オールドマン、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のピアース・ブロスナンほか。また、ケーリーの歌唱部分は「ザ・コミットメンツ」「エビータ」に出演したアンドレア・コーが、ギャレットの歌唱部分は数多くのプラチナ・ディスクを持つカントリー・ミュージックの大スター、ブライアン・ホワイトが担当した。
キャスリン・ビグロー(1951)

デトロイト

「ゼロ・ダーク・サーティ」のキャスリン・ビグローが、1967年暴動発生時のデトロイトで実際に起きた事件を映画化。暴動発生から2日目の夜、銃声の通報があったモーテルに警察が乗り込む。何人かの警官が捜査手順を無視し、宿泊客に不当な尋問を始める。出演は、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」のジョン・ボイエガ、「レヴェナント 蘇えりし者」のウィル・ポールター、「トランスフォーマー ロストエイジ」のジャック・レイナー、「シビル・ウォー キャプテン・アメリカ」のアンソニー・マッキー。

カルテル・ランド

「ハート・ロッカー」の監督キャスリン・ビグローが製作総指揮を執ったドキュメンタリー。麻薬カルテルが蔓延るメキシコで、一人の外科医が市民による自警団を結成する。彼らはギャングたちを追い詰めていくが、やがて組織は思わぬ方向へ暴走する。2015年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門最優秀撮影賞・最優秀監督賞W受賞。第88回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート。

NEW今日命日の映画人 11/27

該当する人物がいません


「エルマー・ガントリー 魅せられた男」を観ているあなたにおすすめの映画