雨のしのび逢い(1974)

あめのしのびあい
製作国
スペイン

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

大富豪にある男を誘惑するようにたのまれた女が、その男を愛してしまい、大富豪の手から逃げようとする姿を描くラブ・ストーリー。製作はフォセ・フラデ、監督はエンニオ・マルティン、脚本はサンチャゴ・モンカダ、撮影はフェルナンド・アリバス、音楽はグレゴリオ・ガルシア・セグラ、唄はマリソルが各々担当。出演はマリソル、ルノー・ベルレー、メル・フェラー、シルビア・トルトサ、ミルタ・ミラー、マニュエル・ド・ブラなど。

「雨のしのび逢い(1974)」のストーリー

マリア(マリソル)はスラリとした肢体を持つクラブのショーガール。そのセクシーな彼女の夢は、このスペインの平凡な家庭におさまること。でも、運命のいたずらか、今、マリアはアメリカの大富豪の邸宅にいた。ここの主はダルトン(M・フェラー)。世界中の主な賭博場の元締である。今、その彼がマリアを連れてきた目的は、ただ一つ、自殺した妻の復讐だった。つまりダルトンの妻は、プレイボーイのギャンブラー、ラリー(R・ベルレー)に騙されて自殺したのだ。そこで、妻に似ているマリアをダルトンは選び、ラリーを連れてくるようにと、5万ドルの契約は結ばれた。そして、チャーミングな女に変身したマリアは、ある日、レストランでラリーに会う。ラリーは彼女に一目惚れだ。一方、マリアの方も始めは金のためだけだったのだが、いつしかラリーへの愛情にと、変化していく。2人は1夜を共にすごし、その後もドライブや食事を共にし、愛を確認し合う。だが、甘い日々は続かない。マリアはダルトンに呼ばれ、ラリーを早く自分の所へ連れてこなければ、ラリーを殺す、と脅かされた。彼女は仕方なく、ラリーに全てを話す。肩を震わせるラリーだが、今、必死で話をするマリアの姿が、とくにいとおしく感じられた。やがて、2人は逃げる決心をする。だが、ダルトンの手はまわっている。2人が逃げこんた飛行機は、ダルトンのものであり、ダルトンはラリーに賭けを申し込んだ。もしラリーが勝てば自由に、さもなくばギャンブラーとしての生命を奪う、と--。間もなく飛行機はスペインの空港に降り立ち、5万ドルの小切手を手にしたマリアだけが降される。5万ドル--、しかし、今の愛を失った彼女にとって、それは単なる紙切れでしかなかった。一方、機内ではダルトンとラリーの真剣な勝負が続けられた--。再び、マリアの生活は元に戻った。ショーガールとして客の拍手を浴びる彼女。今、ランの花が彼女に届けられる。外は雨。今までのにがい思い出を静かに雨が流している。そして、その中に、マリアを待つラリーの姿があった--。

「雨のしのび逢い(1974)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「雨のしのび逢い(1974)」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 スペイン
製作年 1974
製作会社 フォセ・フラデ・プロ
配給 ジョイパックフィルム
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「雨のしのび逢い(1974)」のみんなのレビュー

「雨のしのび逢い(1974)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/16

アビー・エリオット(1987)

ミュータント・タートルズ(2014)

1990年、コミックを原作に映画化、アニメやゲームも世界中で大ブームを巻き起こした「ミュータント・タートルズ」を「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作、「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマン監督のもと再映画化。カメでニンジャの4人が、超絶アクションを駆使して犯罪組織に立ち向かう。出演は「ジェニファーズ・ボディ」のミーガン・フォックス、「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・アーネット、「ローン・レンジャー」のウィリアム・フィクトナー、「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ。
クリフトン・コリンズ・JR(1970)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 6/16

該当する人物がいません


「雨のしのび逢い(1974)」を観ているあなたにおすすめの映画