エリックの青春

えりっくのせいしゅん
上映日
1976年7月24日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

突然襲った不治の病と戦う青年と、その恋人、家族の交流を描く。製作はハーバート・ハーシュマン、監督は「朝やけの空」のジェームズ・ゴールドストーン、実際に白血病で息子を失った母親ドリス・ランドが綴った実話をナイジェル・マッキーンドとキャロル・エバン・マッキーンドが脚本化、撮影はテリー・ミード、音楽はデーブ・グルーシン、主題歌(作詞・作曲・歌)はジョン・サベージが各々担当。出演はジョン・サベージ、パトリシア・ニール、クロード・エイキンズ、サイアン・バーバラ・アレン、アイリーン・マクドナド、マーク・ハミルなど。

「エリックの青春」のストーリー

大学に入学したばかりのサッカー青年エリック(ジョン・サベージ)はある朝、右足に赤い斑点が浮かび上がっているのを発見した。母親のロイス(パトリシア・ニール)は何か不吉な予感を感じ、直ぐ病院に行くように命じた。ロイスの不安は現実のものとなった。エリックが不治の病である白血病に罹っているというのだ。ある日、弟のポール(マーク・ハミル)と町を歩いていたエリックは、突然鼻血を出した。激しく問いつめるポールに、エリックは真実を伝えなければならなかった。--「白血病の新薬アスパラギナーゼ研究進む」。ある日そう書かれてある新聞を見たロイスは、天にも昇る気持で夫スタン(クロード・エイキンズ)に報告すると、早速エリックを同行してシアトル・メモリア病院に急いだ。エリックを診察したデュシェーヌ医師は、新薬はまだ実験中で恐ろしい副作用がある上に6万ドルもするといった。エリックは彼の好意で、権威あるシアトル・メモリア病院で診察が受けられることになった。その日から、エリックの闘病生活が始まった。病に勝つためには何でもやる、それがエリックの信念だった。ある日、エリックは病院の入口で初めてこの病院を訪れたときに親切にしてくれた看護婦マリリン・ポータと再会した。エリックは彼女をデートに誘った。町1番の豪華なホテルで待ち合わせた2人は、いつしか恋人のように寄り添ってシアトルの町を歩いていた。やがて、エリックの病状は悪化していった。彼は次第に自分が追いつめられていることを知った。そんなエリックをマリリンは暖かく励ますのだった。エリックはある日、マリリンを連れて病院を脱け出し、家族が待つ懐しい我家に帰った。2人は限りある日を愛に生きようと誓っていた。数日間、心おきなく家族と過ごしたエリックは、再び病院に戻って治療を受けたが、体力のおとろえはいかんともしがたかった。サッカー・グラウンドでは、熱狂した観客にまじってマリリン、ロイス、スタン、ポール、妹リンダ(アイリーン・マクドナル)が大学チームの名プレーヤー、エリックのキック・オフを、かたずをのんで見守っていた。『最後のゲームだ』。エリックは叫ぶと敵陣に突進した。その夜、ラジオのニュースがエリックの素晴らしい活躍ぶりを報じた。居間では、エリックを囲んで優勝祝賀会が華やかに開かれていた。宴も終わりに近づき、みんなは毛布に身を包んで浜辺で寝ることにした。夜明け、隣に寝ていたエリックがいないのに気づいたマリリンは周りを見回した。波打ち際にエリックを見つけ、馳け寄ったとき、彼の体が揺れ、倒れた。翌日、静まりかえった病室で、長い昏睡状態の果てに、エリックは一瞬眼を開いた。彼は喘ぎながらいった。ママ、外に出て、僕のために大地を歩いて……。しばらくののち、エリックは逝った。愛する人々に見守られ、やすらかな永遠の休息についたのだ。

「エリックの青春」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「エリックの青春」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1976
公開年月日 1976年7月24日
製作会社 ロリマー・プロ作品
配給 東宝東和
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「エリックの青春」のみんなのレビュー

「エリックの青春」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/11

加山雄三(1937)

ジュマンジ/ネクスト・レベル

ゲームの世界に吸い込まれた若者が現実世界に戻るためサバイバルするアクション映画の続編。大学生になったスペンサーは、再びジュマンジの世界に吸い込まれてしまう。彼を救おうと仲間たちもログインするが、バグを起こしたゲームは難易度がアップしていた。出演は、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン、「ルイスと不思議の時計」のジャック・ブラック、「リベンジ・マッチ」のケヴィン・ハート、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのカレン・ギラン、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のニック・ジョナス。監督は、「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」のジェイク・カスダン。

茅ヶ崎物語 MY LITTLE HOMETOWN

茅ヶ崎出身のミュージシャン、桑田佳祐を核に“芸能の地、茅ヶ崎”の秘密を探る音楽探訪記。サザンオールスターズの名付け親である宮治淳一が、人類学者の中沢新一、本作の監督を務めた「人狼ゲーム」の熊坂出と共に茅ヶ崎と芸能との関係性を多角的に分析する。高校生時代の宮治の記憶をもとに撮影されたドラマパートでは、宮治の学生時代を「3月のライオン」の神木隆之介が、桑田の学生時代を「サクラダリセット」の野村周平が演じる。そのほか「森山中教習所」の賀来賢人、「銀魂」の安田顕、そして桑田佳祐自身も出演。2017年6月25日、第6回茅ヶ崎映画祭にてワールドプレミア上映。2017年7月21~23日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで特別劇場公開。
武田鉄矢(1949)

海辺の映画館 キネマの玉手箱

大林宣彦監督が20年ぶりに出身地である広島県尾道でメインロケを敢行、戦争や映画の歴史を辿るファンタジー劇。尾道の海辺にある映画館が閉館の日を迎え、日本の戦争映画大特集のオールナイト興行を見ていた3人の若者がスクリーンの世界へタイムリープする。大林作品に多数出演する厚木拓郎と細山田隆人、「武蔵 -むさし-」に主演した細田善彦が銀幕の世界にタイムリープし移動劇団『桜隊』の運命を変えようとする3人の若者を、『桜隊』の看板女優を「野のなななのか」「花筐/HANAGATAMI」と近年の大林作品を支える常盤貴子が演じる。第32回東京国際映画祭Japan Now部門にてワールドプレミア上映、大林監督に特別功労賞が授与された。

いのちスケッチ

福岡県の動物園を舞台にしたヒューマンドラマ。東京で漫画家になる夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってきた亮太は、動物福祉に取り組む地元の動物園のアルバイトを紹介され、獣医師の彩と出会う。彩は園の取り組みを広めるため、亮太に漫画を描いてほしいと頼む。出演は、「今日も嫌がらせ弁当」の佐藤寛太、「猫忍」の藤本泉、「岬の兄妹」の芹沢興人、「よこがお」の須藤蓮、「ガチ星」の林田麻里。監督は、「恋のしずく」の瀬木直貴。