F/X 引き裂かれたトリック

えふえっくすひきさかれたとりっく
上映日
1986年11月15日

製作国
アメリカ

ジャンル
SF ホラー

ここが見どころ

超売れっ子のSFXマンが捲き込まれた政治がらみの殺人事件を描くサスペンス・スリラー。製作はドディ・フェイドとジャック・ウィナー。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・ペイサー。監督はこれが日本でのデビュー作となるロバート・マンデル。脚本はロバート・T・メギンソンとグレゴリー・フリーマン、撮影はミロスラフ・オンドリチェク、音楽はビル・コンティ、特殊効果はジョン・スティアーズが担当。出演はブライアン・ブラウン、ブライアン・デネヒー。

「F/X 引き裂かれたトリック」のストーリー

ロリー・タイラー(ブライアン・ブラウン)は数え切れないほどの映画でスペクタクル・シーンや血みどろのシーンを現出させてきた特殊効果マンで、この道の天才と呼ばれている。ある日、司法省証人移送計画班のエイジェントであるリプトン(クリフ・デ・ヤング)が訪ねてきて、とんでもない仕事を依頼してきた。暗黒街の大物証人ニコラス・デ・フランコ(ジェリー・オーバック)の暗殺偽装だった。当局としてはぜがひでもデ・フランコの証言を得たいが、暗殺を避けるためには組織に彼が死んだと思い込ませるしかないというのだ。リプトンの上司であるメイソン(メイソン・アダムス)にプロとしての誇りとプライドをくすぐられ、血糊や弾痕を多用しての殺人事件を成功させた。しかし、迎えに来たリプトンにいきなり拳銃をつきつけられた。辛くも脱出したロリーはメイソンにリプトンの裏切りを電話連絡するが、電話ブースに入れ代りに入った無関係の男が殺された。メイソンも敵だったのだ。ロリーは恋人である女優エレン・キーン(ダイアン・ヴェノーラ)の住むロフトに逃げ込む。翌朝、エレンも狙撃されてしまう。その頃、警察ではヴェテラン刑事レオ・マッカーシー(ブライアン・デネヒー)が調査に乗り出した。今や司法省の役人ばかりでなく警察にまで追われる身となったロリーは助手のアンディ(マーサ・ゲーマン)に連絡をとり、セントラル・パークにメイクアップ・ケースを持ってこさせる。巧みに変装した2人はリプトンを捕え、メイソンの住所を聞き出す。その頃、レオもコンピュータを駆使して、メイソンがあやしいとにらむが、上司からは独断を責められ休職になる。メイソン邸にはデ・フランコとメイソン自身が迎えのヘリコプターを待ちわびていた。ロリーはSFXを駆使してデ・フランコを倒し、メイソンと対決した。メイソンはデ・フランコが隠匿していた1500万ドルを彼と山分けしようという腹だったのだ。メイソンはレオに率いられた警察陣に射殺されてしまう。スイスの銀行から1500万ドルを引きだすデ・フランコの姿があったが、それは巧みに変装したロリーだった。その傍には警察をやめたレオの姿もあった。

「F/X 引き裂かれたトリック」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「F/X 引き裂かれたトリック」のスペック

基本情報
ジャンル SF ホラー
製作国 アメリカ
製作年 1986
公開年月日 1986年11月15日
製作会社 フェイド=ウィーナー・プロ作品
配給 ワーナー映画
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「F/X 引き裂かれたトリック」のみんなのレビュー

「F/X 引き裂かれたトリック」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。