エディ・フォイ物語

えでぃふぉいものがたり
上映日
1955年11月29日

製作国
アメリカ

ジャンル
伝記

ここが見どころ

ボブ・ホープがヴォードヴィルの大立者エディ・フォイに扮す るビスタビジョンの伝記映画。エディの7人の息子の1人エディ・フォイ・ジュニアが解説者として声を聞かせる。製作、脚色のジャック・ローズと脚色(共同)、監督のメルヴィル・シェイヴェルソンはギャグ・ライター出身でB・ホープとコンビ。撮影はジャック・ワレン、音楽は「腰抜けM・P」のジョセフ・J・リリーが担当する。出演者はB・ホープをはじめ、「奇術師」のイタリア女優ミリ・ヴィターレ、「十二哩の暗礁の下に」のアンジェラ・クラーク「グレン・ミラー物語」のジョージ・トビアスの他ジェームズ・キャグニーがジョージ・M・コーアンに扮する。1955年作品。

「エディ・フォイ物語」のストーリー

今世紀のはじめ、未来のスターを夢みるシカゴのヴォードヴィル 芸人エディ・フォイ(B・ホープ)は、新加入のバレエ・ダンサー、マデレイヌ(ミリ・ヴィターレ)の舞台に飛び出して即興的に踊ったコミック・バレエが芸人周旋人バーニーに認められ、興行王シェーバートに推薦されたが、マデレイヌも一緒に契約する段になって悶着が起こり、彼女は姉クララ(アンジェラ・クラーク)とイタリアへ帰ってしまった。そのあとで、自分もマデレイヌを愛していたことが判ると、エディはイタリーへ渡って彼女と結婚し、アメリカへ帰った。5年後、エディは3人の子供の父になっていた。ある日、シカゴの劇場で火事に遭ったとき、舞台に残って観客を安全に導いたことで彼の名は一躍全米に知れ渡り、ブロードウェイの桧舞台を踏むようになった。やがて、7人の子持ちになったころは、舞台が忙しく、子供たちはなじまないし、妻が健康を害していることにも気がつかなかった。そして芸人クラブのパーティで劇壇の大御所ジョージ・M・コーアン(ジェームズ・キャグニー)から“アメリカ一のりっぱな父親”として表彰されたが、妻に喜びをわかとうと急いで家に戻ると、マデレイヌが死んでいた。エディは家庭を顧みなかったことを後悔し、舞台を退いて子供たちと暮らそうと決心した。だが、バーニーはエディを子供たちと一緒に舞台に出すつもりで「エディ・フォイと7人の子供たち」という番組をピッツバーグの劇場に組んでしまった。これがきっかけで、エディは子供たちと舞台に出ることになったが、それを快く思わないクララは児童保護協会に訴えた。法廷に呼ばれたエディは、しいて争おうとはせず自ら罪を認め、自分としてはこのほかに子供を育てる方法はないといった。父を愛しはじめていた子供たちもエディの肩を持ち、裁判長は事件を却下した。次の日曜日、子供たちをつれたエディが教会へ行くと、荘厳な鐘の音がエディたちを祝福するように鳴り響いた。

「エディ・フォイ物語」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「エディ・フォイ物語」のスペック

基本情報
ジャンル 伝記
製作国 アメリカ
製作年 1955
公開年月日 1955年11月29日
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント日本支社
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「エディ・フォイ物語」のみんなのレビュー

「エディ・フォイ物語」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。

「エディ・フォイ物語」を観ているあなたにおすすめの映画