愛の弾丸

あいのだんがん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「紅唇罪あり」「相寄る魂」のバーバラ・スタンウィックが主演する映画で、アニー・オークリーの実話に基いてジョセフ・フィールズとエワート・アダムソンが協力して書き卸し、「女装陸戦隊」のジョエル・セイヤーと「快勇二丁拳銃」のジョン・ツウィストが共同脚色し、「乙女よ嘆くな」「旅烏子供連れ」のジョージ・スティーヴンスが監督に当たり、「洞窟の女王」「深夜の星」のJ・ロイ・ハントが撮影した。助演は「ポンペイ最後の日(1935)」「男の敵」のプレストン・フォスターを始め、「社長は奥様がお好き」のメルヴィン・ダグラス、「三銃士(1935)」のモローニ・オルセン、「バワリイ」のパート・ケルトン、「小牧師(1934)」のアンディ・クライド、酋長サンダーバード等という顔ぶれである。

「愛の弾丸」のストーリー

1880年代の事、米国オハイオ州の片田舎に的射ちの名人がいた。これが花も恥じらうアニー・オークリーという美しい乙女だった。シンシナチ市では当時世界一の射撃手と言われるトビー・ウォーカーが競技会を催していた。彼の高慢な態度に心よからぬ人々は的射ち名人を乙女とは知らぬために、相手にさせる事となった。試合はトビーや人々の予期に反してアニーの方がむしろ優勢だった。アニーはトビーの美貌に心ひかれたのと彼を負かせては気の毒という心から故意に負けて田舎へ帰った。が、彼女を認めたのはジェフ・ホガードだった。彼は当時全米の人気の中心たるバッファロー・ビルの大サーカスの支配人で、トビーを契約しに来たのであるがついでにアニーも契約した。アニーとトビーはサーカスでは敵手であったが、いつしか慕い会う仲となり、トビーはアニーに芝居気を加味した派手な射撃法を秘かにコーチしてやったりした。その後アニーとトビーはサーカスのスターとして活躍し、世界射撃選手権争奪を売り物とするに至った。そしてアニーが優勝したため、トビーは次第に落ち目になった。そしてある日、眼に火傷をして視力が弱っているとき、トビーはねらいを誤ってアニーの右手に怪我させた。アニーは過失と信じたが一座の人々は故意に射たと認めてトビーを放遂した。一座は欧州巡業にいき、王侯貴族の前でアニーは射撃の妙手を演じたが、トビーと別れた彼女は快々として楽しまなかった。ニューヨークに帰朝したとき、アニーの胸中を知る一座のインジアン酋長のシッティング・ブルは、偶然、トビーが裏町の射的屋の手代になっているのを発見して、アニーを伴っていき、アニー・オークリーは愛を得たのであった。

「愛の弾丸」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛の弾丸」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1935
製作会社 RKOラジオ
レイティング

「愛の弾丸」のみんなのレビュー

「愛の弾丸」のレビューを書く

「愛の弾丸」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。