エスカレート 感染マニア

えすかれーとかんせんまにあ
上映日
1988年11月5日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

エイズ感染者である殺人鬼に立ち向かう人々の姿を描く。製作はジョナサン・ブラウン、監督・脚本・音楽は本作品がデビューになるシュキ・レヴィ、撮影はフランク・バイヤーズが担当。出演はデボラ・シェルトン。
エイズ感染者である殺人鬼に立ち向かう人々の姿を描く。製作はジョナサン・ブラウン、監督・脚本・音楽は本作品がデビューになるシュキ・レヴィ、撮影はフランク・バイヤーズが担当。出演はデボラ・シェルトン。

「エスカレート 感染マニア」のストーリー

モデルとしてロサンゼルスにやってきたメリッサとキャリー(ジャッキー・スワンソン)は、ある夜引っ越し荷物を運んできた男ブランドン(トム・デューガン)の奸計でトランキライザーを飲まされ、意識朦朧のうちにメリッサは難をのがれたものの、キャリーは彼にレイプされてしまう。そして病院にかつぎこまれた2人から分析の結果、犯人はエイズ感染者であることが判明し、一同は愕然とする。そして同時に犠牲者は増える一方だった。モデル・エージェンシー代表のエリザベス(デボラ・シェルトン)は、2人の身を案じるが、危険は彼女自身にも迫ってきており、ほどなくブランドンに襲いかかられるが、恋人スティーヴン(ライマン・ウォード)が駆けつけ、何とか助かった。しかもその間にもブランドンは凶暴さを増し、ついにエリザベスを人質にし、メリッサとキャリーの休むマリブ・ハウスに乗り込んできた。異変を感じたスティーヴンとホワイト警部(クラレンス・ウィリアムス3世)は、急ぎハウスに向かうが……。

「エスカレート 感染マニア」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「エスカレート 感染マニア」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1988
公開年月日 1988年11月5日
製作会社 ヒドゥン・レイジ・プロ作品
配給 東北新社=松竹富士
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「エスカレート 感染マニア」のみんなのレビュー

「エスカレート 感染マニア」のレビューを書く