駅馬車(1925)

えきばしゃ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ヘンリー・ジェームズ・フォアマン氏とウォルター・ウッズ氏とが合作したものをウッジ氏が脚色し「眠らぬ街」「性の敵」等と同じくジェームズ・クルーズ氏が監督した特作品で、主役は「性の敵」「四つの顔の女」等出演のベティー・カンプソン嬢と「眠らぬ街」「霊魂の叫び」等出演のリカルド・コンテス氏で「漂泊い人」等出演のアーネスト・トレンス氏「紅百合」等出演のウォレス・ビアリー氏及びこの映画によって売出した性格俳優ジョージ・バンクロフト氏が出演している。

「駅馬車(1925)」のストーリー

1860年早春奴隷開放問題を中心として南北反目の形勢ようやく濃厚になった頃、ゴールド・ラッシュ後のカリフォルニアは、勢力略均衡していた南北両派の争奪の的であった。ジャック・ウェストンは名賭博手で同時に名射撃手であったが反奴隷制度の演説をやり反対派の暗殺に会ったが巧みに逃れてコロラド州ジュールスバーグに赴いてポニー・エキスプレス騎手となった。そうして彼は美しいモリー・ジョーンズと恋するようになった。そのため駅馬車会社の主任スレードの嫉視を受けねばならなかった。スレードは南方派の上院議員グレンの命令でリンカーンが大統領に選挙された暁には偽報をカリフォルニアに送る計画を立てていた。しかし当日になるとスレードの企みの裏をかいてジャックは真報を送った。その日ジュールスバーグの町はインディアンの襲撃を受けた。途中でそのれを気付いたジャックは東行のエキスプレス騎手と交換しジュールスバーグに引返した。折よく米国部隊も救援に来たので町は救われた。ジャックはモリー父娘と共にサクラメントに赴いた。カリフォルニアが北軍に加わり出兵することになった時ジャックはモリーと結婚式を挙げ勇ましく進軍した。

「駅馬車(1925)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「駅馬車(1925)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1925
製作会社 パラマウント映画
レイティング

「駅馬車(1925)」のみんなのレビュー

「駅馬車(1925)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/14

インディラ・ヴァルマ(1973)

ナショナル・シアター・ライブ2020「プレゼント・ラフター」

イギリスの国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターが厳選した傑作舞台を映像化するプロジェクト「ナショナル・シアター・ライヴ」の1作。スター俳優ギャリー・エッセンダインが海外ツアーに出かける準備をしていたところ、個性的な面々の訪問を受け、彼の生活はハチャメチャに……。現代の名声・欲望・孤独を投影した作品。主演は、ドラマ「SHERLOCK」のジム・モリアーティ役など映像分野でもおなじみのアンドリュー・スコット。

ナショナル・シアター・ライヴ 2016「人と超人」

イギリス国立劇場ロイヤル・ナショナル・シアターで上演された舞台をデジタルシネマ化した「ナショナル・シアター・ライヴ」シリーズの一作。レイフ・ファインズ扮する独身貴族ジャックが、現実からの逃避行を図るバーナード・ショーの戯曲を収録。共演は「エクソダス 神と王」のインディラ・ヴァルマ、「キャプテン・フィリップス」のコーリイ・ジョンソン。
ソフィア・コッポラ(1971)

オン・ザ・ロック

ソフィア・コッポラが監督・脚本を務めたコメディ。新しく来た同僚と残業を繰り返すようになった夫に疑いを抱いた若い母親ローラは、プレイボーイの自分の父親とともに夫を尾行することに。2人は夜のニューヨークを駆け巡りながら、その距離を近づけていく。出演は、「デッド・ドント・ダイ」のビル・マーレイ、「カムバック!」のラシダ・ジョーンズ、「デンジャラス・バディ」のマーロン・ウェイアンズ。

ようこそ映画音響の世界へ

ハリウッドの映画音響に焦点をあてたドキュメンタリー。その進化において大きな偉業を残した「市民ケーン」「鳥」「ゴッドファーザー」などの名作から映画音響の歴史を紹介。さらに、スペシャリストたちと共に“音”が映画にもたらす効果と重要性に迫っていく。出演は「地獄の黙示録」のウォルター・マーチ、「スター・ウォーズ」のベン・バート、「ジュラシック・パーク」のゲイリー・ライドストローム。

「駅馬車(1925)」を観ているあなたにおすすめの映画