英雄時代(1926)

えいゆうじだい
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「知られぬ人」「三人」等と同じくロン・チャニー氏が主演する映画で、イー・リチャード・スケイアー氏の書卸したシナリオより「奔流千里」のジョージ・ヒル氏が監督したものである。チャニー氏を助けて「剣侠時代」のエリナー・ボードマン嬢、「滑れケリー」のウリィリアム・ヘインズ氏、「ソレルとその子」のカーメル・マイアース嬢、等が重要な役を演ずるほか「十字路の女」のワーナー・オーランド氏、エディ・グリッボン氏、ミッチェル・ルヰス氏、等も出演している。

「英雄時代(1926)」のストーリー

スキートは入営したくはなかったが、ティア・ファナに行くのに政府の輸送列車でサンディエゴまでただ乗りする関係から、タッカー将軍に入営する振りを見せた。将軍はこれを信じオハラ軍曹にその旨を含くませて置いたが、いよいよサンディエゴの陸戦隊本部に向かう際、スキートは軍曹をまいて逃走する。が、数日後、無一文になったスキートは空腹に堪えやらず軍隊に舞い戻って来た。軍曹はここで彼を厳格に訓練し立派な兵士に仕立て上げようとしたがスキートの横着なのには軍曹も手を焼いた。時にこの隊に勤務している看護婦にノーマという綺麗な娘がいた。笑ったことのないと言われている軍曹でさえ、彼女の前では笑を浮べるくらいに、彼女は美しかった。スキートはもちろんのこと、このノーマに参ってしまった。彼は持前の悪戯とずうずうしさとで彼女に近づき、遂には彼女の休日を狙い、自動車に彼女を乗せて遊びに行き、その帰途自動車が転覆して、帰営時間に遅れ、営倉に入れられるようになったこともあった。粗野ではあるが無邪気なスキートにノーマは好意を寄せたが、スキートの方では彼女の真意を測りかねていた。陸戦隊が遠征してフィリピン群島のある村に勤務中、スキートはその島の女ザヤに付き纏われたが、女の意志に添わなかったので、ここに紛擾が起り、女の煽動から原住民が襲来し、危険に瀕した。しかし軍曹の応援は彼らを駆遂した。軍曹は彼の行動を怒り彼に鉄拳の制裁を加えた。次で陸戦隊を乗せた軍艦が上海に錠を下した時、スキートはノーマに再び合ったがフィリピンに於けるザヤとの出来事は2人の間に影を投げていた。ノーマは中国内地に種痘のため上陸していたが、この土地に戦争が起ったので、陸戦隊が派遣せられることになった。禁固に処せられていたスキートも軍曹の計らいで戦に加わることになった。ノーマのことから軍曹を憎んでいた彼も初めてこの時己れの非を悟り、軍曹に感謝した。任務終って除隊の日が来た時スキートは軍曹に彼と共同で事業をすることを奨めたが、軍隊を生涯の地と定めた軍曹はそれを断った。スキートとノーマの相抱く頃、軍曹はノーマへの秘めたる恋の悩みを新入営の兵士たちの教練に紛らわしていた。彼の眼には人知れぬ涙があった。

「英雄時代(1926)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「英雄時代(1926)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1926
製作会社 エム・ジー・エム映画
レイティング

「英雄時代(1926)」のみんなのレビュー

「英雄時代(1926)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/4

タイラ・バンクス(1973)

ハンナ・モンタナ ザ・ムービー

スーパーアイドルと女子高生の二重生活を送る少女が巻き起こす騒動を描き、全米で人気のテレビドラマの劇場版。出演は「ビッグ・フィッシュ」のマイリー・サイラス、マイリーの実父で「マルホランド・ドライブ」にも出演したカントリー歌手ビリー・レイ・サイラス、「スパイキッズ3-D:ゲームオーバー」のエミリー・オスメント。

ハロウィン・レザレクション

ジョン・カーペンター監督による第1作以来、息の長いヒット・シリーズとなったホラー・サスペンスの第8弾。前作「ハロウィンH20」で久々にシリーズに復帰したジェイミー・リー・カーティスが、今回も登場。監督はシリーズ第2作「ブギーマン」のリック・ローゼンタール。
滝田洋二郎(1955)

北の桜守

「北の零年」「北のカナリアたち」に続く吉永小百合主演の“北の三部作”最終章。息子二人を連れて戦争から逃れ網走で過酷な状況の中生き抜いたてつ。1971年、次男の修二郎は戦禍によるPTSDに悩む母と思い出の地を辿るうちに、禁断の記憶に行きつく。監督は「おくりびと」「ラストレシピ ~麒麟の舌の記憶~」の滝田洋二郎。母てつを演じる吉永小百合や成人した修二郎役の堺雅人ら俳優陣とともに、貧しさや飢えに苦しみながら極寒の北海道で懸命に生きる母子のドラマを撮る。また、てつの心象風景を劇団ナイロン100℃の主宰ケラリーノ・サンドロヴィッチが演劇的に表現している。

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶

田中経一の同名小説を「おくりびと」の滝田洋二郎監督が「母と暮せば」の二宮和也主演で映画化。絶対味覚を持つ料理人・佐々木充は、歴史の闇に消えた究極メニューの復元に挑む。一方、1930年代、そのレシピ作成に人生を捧げたのは天皇の料理番・山形であった。共演は「武曲 MUKOKU」の綾野剛、「沈黙 サイレンス」の笈田ヨシ、「クリーピー 偽りの殺人」の西島秀俊、「怒り」の宮﨑あおい、「PとJK」の西畑大吾、「シン・ゴジラ」の竹野内豊。脚本は「永遠の0」の林民夫。音楽を「3月のライオン」の菅野祐悟が担当する。

NEW今日命日の映画人 12/4

該当する人物がいません