ソフィー・マルソー 恋にくちづけ

そふぃーまるそーこいにくちづけ
上映日
1985年6月29日

製作国
フランス

ジャンル
コメディ

ここが見どころ

南仏の高級リゾート地を舞台にプレイボーイの中年実業家とパリ娘の奇妙な触れ合いを描くコメディ。製作はアラン・サルドとアラン・ベルモンド、監督は「愛人関係」のジョルジュ・ロートネル、撮影はエドモン・セシャン、音楽はフィリップ・サルドが担当。出演はジャン・ポール・ベルモンド、ソフィー・マルソーなど。

「ソフィー・マルソー 恋にくちづけ」のストーリー

南仏。コートダジュールの海面を疾走する大型クルーザーを、たくましい肉体が自慢げなステファン・マルジェル(ジャン・ポール・ベルモンド)が操作している。彼は実業家。美貌の妻ソフィ(マリー・ラフォレ)がいながら、浮気に余念がないスゴ腕のプレーボーイだ。ある日、パリに旅するというソフィを送りに行った飛行場で、一人の娘に出会った。名前をジュリー(ソフィー・マルソー)という18歳のパリ娘だ。妻ある男と別れたところだ。キザな文句で口説くと車に同乗させた。どこも都合がわるく結局自宅に彼女を連れ込んだステファンのもとに、旅立ったはずのソフィが現われた。あせった彼はジュリーが僕の前の妻との間にできた娘だと口ばしってしまった。翌朝、ソフィがジュリーと行動を共にしたがった。悪いことに、その日は美術館建設の助成金問題で、政府の役人ルソー(ミシェル・ボーヌ)と会う約束だ。ソフィを伴って約束の場所に急ぐステファン。ソフィはジュリーを連れて会議の途中ショッピングに出かけた。それを追ったステファンは、慌ててガラスにぶつかり失神、病院にかつぎ込まれた。やっとのことで二人のいるサン・ボールの別荘に辿りつくと、そこではステファンの誕生パーティが準備されていた。あのルソーも出席している。そんなところに、ジュリーの身を案じた母のマルレーヌ(ロージー・ヴァルト)が現われたことから、事態が悪化した。何も知らないマルレーヌが、ジュリーの父はヒドイ男だとしゃべりまっくてしまったのだ。ルソーは資金援助をはねつけ去った。パーティはめちゃめちゃのうちに終った。翌日、ジュリーはソフィーが何もかも知っていたことを知って驚いた。ソフィはステファンがジュリーにひかれはじめていることも感じていた。ジュリーも、ステファンの魅力に惹かれはじめている自分を感じた。少しのあいだに大人になったジュリーは、ステファンとソフィの愛のためにも、また、ひとり出発する決心をするのだった。

「ソフィー・マルソー 恋にくちづけ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ソフィー・マルソー 恋にくちづけ」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ
製作国 フランス
製作年 1984
公開年月日 1985年6月29日
製作会社 AMLF=セリト・フィルム=サラ・フィルム
配給 松竹富士
レイティング
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ

「ソフィー・マルソー 恋にくちづけ」のみんなのレビュー

「ソフィー・マルソー 恋にくちづけ」のレビューを書く

「ソフィー・マルソー 恋にくちづけ」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日命日の映画人 1/26

エイブ・ヴィゴーダ(2016)

アンダーワールド(1996)

自分と父親を陥れた真犯人を見つけるため、正体不明の謎の男に接近する青年のパラノイアックな復讐劇を描いた異色サスペンス。本作の後「マッド・ドッグス」(日本では98年1月公開)で監督デビューも果たしたヴェテラン俳優ラリー・ビショップ(本作で助演も)の脚本を、「スター・ウォーズ」(美術監督としてアカデミー装飾部門最優秀賞を受賞)、『The Sender』(日本未公開、監督作)のロジャー・クリスチャンの監督で映画化。美術はアキ・カウリスマキ監督作品(「ラ・ヴィ・ド・ボエーム」ほか)でも知られるジョン・エブデン。出演は「ネオン・バイブル」のデニス・レアリー、「アンカーウーマン」のジョー・モントーニャ、「フューネラル」のアナベラ・シオラ、「ゴッドファーザー」のアベ・ヴィゴダ、「シリアル・ママ」のトレイシー・ローズほか。

シュガー・ヒル

ニューヨーク・ハーレムの暗黒街で、ドラッグ売買のトップにのし上がった2人の兄弟の葛藤を軸に展開する、愛と暴力に彩られたブラック・ムービー。監督はキューバ出身で、カンヌ国際映画祭で上映された「クロスオーバー・ドリーム」やテレビ映画「心臓が凍る瞬間」(日本では劇場公開)などの作品があるレオン・イチャソ。脚本はバリー・マイケル・クーパー。製作は「ラブ・クライム 官能の罠」のルディ・ラングレイスと、グレゴリー・ブラウン。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ザ・コミットメンツ」のアーミヤン・バーンスタインとトム・ローゼンバーグ、マーク・エイブラハムズの共同。撮影は「ディープ・カバー」「カリフォルニア(1993)」のボージャン・バゼリ。音楽はテレンス・ブランチャードで、ジャズ、ファンク、ソウル、ラップ、ヒップホップ、ブラック・コンテンポラリー、アフリカン・ミュージックからゴスペルに至るまで、さまざまなブラック・ミュージックの挿入曲が全編に流れる。美術は「再会の時」のマイケル・ヘルミー、主人公兄弟の人物造形や作品世界の上でも重要な要素を占める衣装は、「ディック・トレイシー」のエドゥアルド・カストロで、ヴェルサーチ、ヨージ・ヤマモトなどのスーツが使用されている。主演は「ニュー・ジャック・シティ」「デモリションマン」「ドロップ・ゾーン」など出演作が相次ぐウェズリー・スナイプスと、「ストリーマーズ 若き兵士たちの物語」『ファイブ・ハートビーツ』(V)のマイケル・ライト。「クロウ 飛翔伝説」のアーニー・ハドソン、「ビバリーヒルズ・コップ3」のテレサ・ランドルらが共演。