栄光への賭け

えいこうへのかけ
上映日
1970年8月1日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

イギリスの作家ヒュー・アトキンソンのベストセラー小説「ゲーム」(邦題「小説オリンピック」)の映画化。製作はこれが第一作のレスター・リンスク、監督は「明日に賭ける」のマイケル・ウィナー、エール大学教授エリック・シーガルが脚色。撮影は新人ロバート・ペインター、音楽は「雨の訪問者」のフランシス・レイがそれぞれ担当。出演は「ハロー・ドーリー!」のマイケル・クロフォード、「大列車強盗団」のスタンリー・ベイカー、「悪女のたわむれ」のライアン・オニール、「冒険者(1970)(1970)」のシャルル・アズナブール、「ブルー・マックス」のジェレミー・ケンプ、「心を繋ぐ6ペンス」のエレイン・テイラー、オーストラリアの原住民出身のアソール・コンプトンなど。

「栄光への賭け」のストーリー

ハリー・ヘイス(マイケル・クロフォード)は、イギリスのある田舎町の牛乳配達夫であったが、土地の長距離ランナーと対抗して駆けているうちに、彼の記録を破るようになったため、そこのランニング・クラブに招かれた。ハリーはやがて、そのクラブでオリバー(スタンリー・ベイカー)というコーチに見出された。彼は往年のランナーとしての自分の夢をハリーに託し、厳しい練習を強いたため、ハリーはガール・フレンドのクリスチン(エレイン・テイラー)にさえも、めったに会えなくなってしまった。その頃、世界の各所では、ハリーの強敵が次々と発見されていた。アメリカのエール大学生スコット(ライアン・オニール)は、美男の将来を嘱望される長距離ランナーで、女の子たちのアイドルであった。オーストラリアには、カンガルーにも負けないスピードで走る、ピンチュビ(アソール・コンプトン)という原住民がいた。そして、この彼を利用して競技の予想屋であるハーコート(ジェレミー・ケンプ)は、インチキのトラック競技会を催して、一儲けを企んでいた。また、共産圏のチェコでは、政治的な見地から、若い選手を海外へ派遣するのは危険であると考えていたため、老練のランナーであるベンデック(シャルル・アズナブール)を、過去の実績をかって競技会に起用することになった。ハリーはオリバーの特訓で、やがてベンデックの記録を破ったが、91マイル・レースでベンデックに破れたため、オリバーと一時、手が切れた。しかし、その後すぐに、2人は再度手を握り、競技会への執念を燃やすのだった。一方、オーストラリアへ遠征に出たレイノルズは、そこでピンチュビの駿足ぶりに驚嘆、その後の東京での競技会から、覚醒剤を飲んで、競技にのぞむことをおぼえた。問題のピンチュビは、オリンピック委員会に注目されるところなり、ベンデックも復調し、長距離選手としてカンバックした。こうしてこれらの選手たちが参加するゲーム、ローマ・オリンピックは開催日をむかえた。そして、マラソン競技の当日。選手たちは緊張をふっ切るようなピストルの音を合図に走り出した。レースは徐々に、ハリーの独走態勢になっていったが、その先には悲劇的なハプニングが待っていた。ゴールを目前にして、彼は突然、体に変調をきたし、倒れてしまったのだ。そして、勝利から見放されたハリーを抜いて一位になったピンチュビは、ゆうゆうゴールを走り抜いて行った。

「栄光への賭け」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「栄光への賭け」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1970
公開年月日 1970年8月1日
製作会社 マイケル・ウィナー=レスター・リンスク・プロ作品
配給 20世紀フォックス
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「栄光への賭け」のみんなのレビュー

「栄光への賭け」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/7

ブレッキン・メイヤー(1974)

少年マイロの火星冒険記 3D

「Disney’sクリスマス・キャロル」のロバート・ゼメキスが製作、「タイムマシン」のサイモン・ウェルズ監督とのタッグで贈る3Dアニメーション。火星人に誘拐された母親を救うために、少年マイロが様々な冒険を繰り広げる。声の出演は「ミニミニ大作戦」のセス・グリーン、「ファンボーイズ」のダン・フォグラー。

ガーフィールド2

世界中で愛されている人気者のネコ、ガーフィールドが活躍するコメディ・ドラマの第2弾。ガーフィールドの声にはビル・マーレイ、そのお人好しの飼い主ジョン・アーバックルをブレッキン・メイヤーが演じる。監督は「スポンジ・ボブ/スクエアパンツ」のティム・ヒル。
窪塚洋介(1979)

ファーストラヴ(2021)

島本理生による第159回直木賞受賞作を「十二人の死にたい子どもたち」の堤幸彦監督が北川景子主演で映画化。女子大生・聖山環菜が父親殺しの容疑で逮捕された。事件を取材する公認心理師・真壁由紀は、義理の弟で弁護士の庵野迦葉とともに面会を重ねるが……。共演は「水曜日が消えた」の中村倫也、「記憶屋 あなたを忘れない」の芳根京子、「最初の晩餐」の窪塚洋介。

みをつくし料理帖

「天と地と」など数々の作品をプロデュース・監督してきた角川春樹が、髙田郁の人気時代小説を映画化。大坂を襲った大洪水により幼くして両親を亡くし幼馴染と離れ離れになってしまった澪は、蕎麦処つる家の店主・種市に料理の才を見出され料理人として働く。苦難を乗り越え料理人として成長していく澪を「酔うと化け物になる父がつらい」の松本穂香が、幼馴染の野江を「ハルカの陶」の奈緒が演じる。また、1980年代の角川映画を彩り角川三人娘といわれた女優陣のうち薬師丸ひろ子、渡辺典子が特別出演。角川春樹は本作を生涯最後の監督作品と位置付けている。

「栄光への賭け」を観ているあなたにおすすめの映画