栄光の野郎ども

えいこうのやろうども
上映日
1965年9月4日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇 アクション

ここが見どころ

ホフマン・バーニーの原作を「ダンディー少佐」のサム・ペキンパーが脚色、「酋長ジェロニモ」のアーノルド・レイヴンが監督したアクション西部劇。撮影は「ハッド」(アカデミー賞)のジェームズ・ウォン・ホウ、音楽はリズ・オルトラーニが担当した。出演は「枢機卿」のトム・トライオン、「不沈のモリー・ブラウン」のハーヴ・プレスネル、「ダンディー少佐」のセンタ・バーガー、マイケル・アンダーソン・ジュニア、スリム・ピケンズ、「チャップマン報告」のアンドリュー・ダッガン、アダム・ウィリアムズ、ピータ・ブレックほか。製作はTVで活躍中のジュールス・レヴィ、アーサー・ガードナー、アーノルド・レイヴンの3人組。

「栄光の野郎ども」のストーリー

白人の横暴な圧力に耐えかねたシャイアン族の蜂起の報に第三騎兵隊の総力が結集されることになった。ドニファン砦に集まったのはハーロッド大尉(トム・トライアン)のほかに、新兵のマーティン(マイケル・アンダーソン・ジュニア)、デューガン、クレーン、クラークらだった。マッケーブ将軍と対面したハーロッドは、6年前の戦いで将軍の個人的な名誉のために犠牲になった多くの新参兵のことを思い出して不快だった。一方、インディアン・スカウトのソル(ハーヴ・プレスネル)も、シャイアンに殺された牧師の娘と結婚するためにこの地に来た。夜を日につぐ猛練習から、ちょっとしたことから、騎兵隊員同士が喧嘩をしたが、その責任追求のてんやわんやの捜索行が皮肉にもソルとの間に奇妙な愛情が芽生えた。他の若い隊員にもさまざまなロマンスが生まれたが、いよいよ出撃の朝、650人の騎兵隊員と40人のインディアン・スカウトの進軍が始まった。そして作戦も完了していた。しかしいたずらに功をあせったマッケーブが予定を変更、ハーロッドの意見は一蹴された。そして案の定、それが失敗かに見えたときソルの機転で難を逃れたが、ソルは自から命を落した。朝が来た。騎兵隊は勝利を獲得したが、幾百の兵士の命とひきかえの苦い勝利だった。ハーロッドの心は、恋仇ソルを失ったことで重く沈んでいた。ロマンスの成就と、生き残ったことの幸せを喜ぶ若い兵士の中で。

「栄光の野郎ども」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「栄光の野郎ども」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇 アクション
製作国 アメリカ
製作年 1965
公開年月日 1965年9月4日
製作会社 レビイ・ガードナー・レビン・プロ映画
配給 ユナイテッド・アーチスツ
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「栄光の野郎ども」のみんなのレビュー

「栄光の野郎ども」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/13

キャンディス・アッコラ(1987)

デッドガール(2008)

学生たちが、廃墟となった病院に裸のまま繋がれていたいくら嬲っても死なない女に、凌辱を加える猟奇的なスリラー。2008年トロント国際映画祭などの映画祭で上映され、あまりにも異常な狂気が物議を醸した。監督は「チャーリー 世界一かわいい犬と僕が伝えたいこと」(未)のマルセル・サーミエント。さえない学生を「赤ずきん」のシャイロー・フェルナンデスが、さえない学生が思いを寄せる女子を「オン・ザ・ドール」(未)のキャンディス・アッコラが、何をされても死なない女を本作が映画デビュー作となったジェニー・スペインが、女が死なないのをいいことに好き放題し次第に狂気に陥っていく友人を「LOOPER/ルーパー」のノア・セガンが演じる。
シオバン・ファロン(1961)

ホワッツ・イン・ザ・シェッド

「ブラッドナイト」のフランク・サバテラ監督によるホラー。スタンの家にある小屋から怪しげな声が聞こえてくるようになり、不審者を追い出そうと小屋の中に入った者が次々に八つ裂きに。友人のドマーは、これで嫌な奴らに仕返しができると言い出すが……。出演は「X-DAY 黙示録」のジェイ・ジェイ・ウォーレンほか。特集『未体験ゾーンの映画たち2021』にて上映。

ハウス・ジャック・ビルト

第71回カンヌ国際映画祭に出品され、過激な描写で物議を醸したラース・フォン・トリアーの問題作。1970年代のワシントン州。建築家を志す独身の技師ジャックは、ある出来事をきっかけに、アートを創作するかのように、殺人に没頭するようになる……。出演は「マイ・ライフ・メモリー」のマット・ディロン、「エレニの帰郷」のブルーノ・ガンツ、「ニンフォマニアック Vol.1」のユマ・サーマン。

NEW今日命日の映画人 5/13

ドリス・デイ(2019)

ニューヨークの大停電

クロード・マグニアの舞台劇を、この映画製作者で「マーメイド作戦」のエヴェレット・フリーマンと「ベン・ハー(1959)」のカール・タンバーグが脚色、「恐怖の蝋人形」のハイ・アヴァーバックが監督したコメディ。撮影は「レッド・リバーのガンマン」のエルスワース・フレデリックスのニューヨーク・ロケ、音楽は「卒業」のデーヴ・グルーシンが担当した。出演は「おしゃれスパイ危機連発」のドリス・デイ、「プレイラブ48章」のロバート・モース、「大進撃」のテリー・トーマス、「アルバレス・ケリー」のパトリック・オニールほか。製作は、脚本担当のエヴェレット・フリーマンとマーティン・メルチャー。

おしゃれスパイ危機連発

「独身アパート」のフランク・タシュリンとジェイ・ジェイソンが脚本を書き、タシュリンが監督したコメディ。撮影は「華麗なる激情」のレオン・シャムロイ、音楽は「飛べ! フェニックス」のフランク・デヴォールが担当した。出演は「ただいま熱愛中」のドリス・デイ、「ハワイ」のリチャード・ハリス、「ねえ!キスしてよ」のレイ・ウォルストン、「アパートの鍵貸します」のジャック・クラシェンほか。製作はアーロン・ローゼンバーグとマーティン・メルチャー。

「栄光の野郎ども」を観ているあなたにおすすめの映画