栄光の星の下に

えいこうのほしのしたに
上映日
1952年7月15日

製作国
アメリカ

ジャンル
西部劇

ここが見どころ

「スピード王(1950)」のクラーク・ゲーブルと「ショウ・ボート(1951)」のエヴァ・ガードナーが主演する西部活劇1951年作品で、製作は「ママの新婚旅行」のZ・ウェイン・グリフィン。「ウィンチェスター銃'73」のボーデン・チェイスが自らの雑誌連載小説を脚色、「落日の決闘」のハワード・エスタブルックが潤色、「ドン・ファンの冒険」のヴィンセント・シャーマンが監督する。撮影は「スピード王」のハロルド・ロッソン、音楽はデイヴィッド・バットルフの担当である。ゲーブル、ガードナーの他、「オール・ザ・キングスメン」のブロデリック・クロフォード、「白昼の決闘」のライオネル・バリモア、「蛇の穴」のビューラ・ボンディ、以下エド・ベグリー、ジェームズ・バーク、ウィリアム・ファーナムらが共演。

「栄光の星の下に」のストーリー

1845年、テキサスはまだ合衆国に合併されず独立した共和国で、対外的にはメキシコ勢力の侵入に脅かされ、対内的には合併を主張する一派と独立を主張する一派とが対立していた。前大統領アンドルー・ジャクスン(ライオネル・バリモア)は牧場主ドヴェロウ・バーク(クラーク・ゲイブル)に、合併派に加わり、危険なコマンチ族地区にいる独立派の志士ハウストンを捜し出して彼の意志を変えさせるよう依頼した。バークはテキサス共和国の有力者であり合併反対者であるトム・クレイドン(ブロデリック・クロフォード)と知り合い、クレイドンの許婚で女記者をやっているマーサ・ロンダ(エヴァ・ガードナー)とも知り合った。独立派はメキシコと条約を結んでその力を借りて合併を退けようとしていた。バークはハウストンを見つけ出し、ハウストンが議会に出席するまで合併に関する討議をおくらすよう要請する手紙をもらった。帰途バークはクレイドン一派の待ち伏せにあったが無事切り抜け、首都オースティンについてみると、議会はメキシコとの条約をまさに可決しようとしているところだった。ハウストンの手紙は波乱を巻き起こし、マーサもあらわれてハウストンの手紙は偽りだとバークを非難した。だがクレイドンの口からバークの本当の行動を知ったマーサは、新聞にハウストンが合併を支持していると報道した。クレイドン一派とバークの部下の間に戦いが始まり、そのとき期せずして現われたハウストンをクレイドンは殺そうとしたが、バークがこれを妨害し、クレイドンをノック・アウトした。ハウストンの説得で議会は合併を決議したが、それはメキシコに対する宣戦でもあった。ハウストンは軍隊を率いて戦線に向かった。軍隊にはバークもクレイドンも加わっていた。マーサはバークの帰りを待っていると約束したのだった。

「栄光の星の下に」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「栄光の星の下に」のスペック

基本情報
ジャンル 西部劇
製作国 アメリカ
製作年 1951
公開年月日 1952年7月15日
製作会社 MGM映画
配給 MGM日本支社
レイティング

「栄光の星の下に」のみんなのレビュー

「栄光の星の下に」のレビューを書く

「栄光の星の下に」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/1

該当する人物がいません

NEW今日命日の映画人 12/1

シェリー・モリソン(2019)

無邪気な悪魔におもちゃが8つ

子供によって行われるショッキングな殺戮を描いたホラー。感化院の車が雪山で事故に遭い、護送されていた5人の問題児たちが脱走する。ロッジで冬を楽しく過ごそうとしていた大人たちに保護されるが、子供たちは彼らを残酷な方法で殺し始め…。【スタッフ&キャスト】監督:ショーン・マグレガー 脚本:ジョン・ダーレン 撮影:ポール・ヒップ/マイケル・シェア 出演:レイフ・ギャレット/ソレル・ブーク/ジーン・エヴァンス/シェリー・モリソン

愛のそよ風

『チェンジリング』のクリント・イーストウッドが初めて監督業だけに専念して制作したドラマ。不動産業を営む裕福な中年・フランクは、ある日ヒッピー風の少女・ブリージーと出会う。初めは自由に生きる彼女に苛立ちを覚えていたがフランクだったが…。【スタッフ&キャスト】監督:クリント・イーストウッド 製作:ロバート・デイリー 脚本:ジョー・ハイムズ 撮影:フランク・スタンリー 出演:ウィリアム・ホールデン/ケイ・レンツ/ロジャー・C・カーメル/シェリー・モリソン
マイケル・ライ(2019)

ルージュ(1987)

恋人を探すために現世へ戻ってきた美貌の幽霊の激しくも切ない恋を描くロマンチック・ファンタジー。監督はスタンリー・クワン。出演は、レスリー・チャン、アニタ・ムイ、アレックス・マンほか。2013年3月30日より、東京・シネマート六本木、大阪・シネマート心斎橋にて開催された「レスリー・チャン メモリアル」にてデジタル上映。

九龍の眼

悪質な爆弾犯人たちを追いつめる香港警察の刑事チェンの活躍を描くアクション。「ポリス・ストーリー 香港国際警察」の続篇で、監督・主演・原案・スタント監修は「サイクロンZ」のジャッキー・チェン(成龍)、製作総指揮はレイモンド・チョウ(鄒文懐)とレナード・ホウ(何冠昌)、製作はエドワード・タン、脚本はエドワード・タンとジャッキー・チェン、撮影はチョウ・イウゾウ(張耀祖)とリー・ヤウトン(李有棠)、音楽はマイケル・ライ(黎小田)が担当。出演はほかに「ポリス・ストーリー 香港国際警察」のマギー・チャン(張曼玉)、「プロジェクトA2 史上最大の標的」のタン・ピョウ(董驃)、「サイクロンZ」のクリスタル・コオ(郭錦恩)など。ビデオタイトル「ポリス・ストーリー2 九龍の眼」。

「栄光の星の下に」を観ているあなたにおすすめの映画