ノース 小さな旅人

のーすちいさなたびびと North
上映日
1995年3月25日

製作国
アメリカ

上映時間
88分

ジャンル
コメディ ドラマ

ここが見どころ

子供のFA(フリーエージェント)制を宣言し、理想の両親を求めて世界中を旅する少年の物語を通して、現代の家族のあり方を諷刺したハートウォーミングなコメディ。監督は「ミザリー」「ア・フュー・グッドメン」などのヒットメーカー、ロブ・ライナーで、彼の主宰するキャッスルロック・エンターテインメント作品。アラン・ツァイベルの同名小説(邦訳・新潮文庫刊)を映画化。製作はライナーとツァイベル、エグゼクティヴ・プロデューサーは「シュア・シング」からライナー作品に参加しているアンドリュー・シェインマン。脚本はツァイベルとシェインマンの共同。撮影は「勇気あるもの」などのアダム・グリーンバーグ、音楽は「ミザリー」「ア・フュー・グッドメン」のマーク・シャイマン、プロダクション・デザインはJ・マイケル・リヴァ、美術はデイヴィッド・クラッセン、編集はロバート・レイトン、衣装はグロリア・グレシャムがそれぞれ担当。主演は「危険な遊び」で注目の少年スター、イライジャ・ウッド。また、ナレーションと主人公ノースの旅を助けるガイド役の謎の男を、「ダイ・ハード」シリーズのブルース・ウィリスがコミカルに演じている。共演は「シティ・スリッカーズ2 黄金伝説を追え」のジョン・ロヴィッツ、「摩天楼を夢みて」のアラン・アーキン、「ミザリー」のキャシー・ベイツら多彩なキャスト。さらに「刑事ジョン・ブック 目撃者」のアレクサンダー・ゴドノフとケリー・マクギリスが同作のパロディ的な役柄で登場したり、カントリー・シンガーのリーバ・マッキンタイアがのダン・エイクロイドと楽しいミュージカル場面を披露したりと、ぜいたくなキャストに注目。

「ノース 小さな旅人」のストーリー

11歳のノース(イライジャ・ウッド)はアメリカ郊外の典型的中流家庭のひとりっ子。勉強もスポーツも万能、礼儀正しく心優しい優等生の彼に、自分勝手なパパ(ジェイソン・アレクサンダー)とママ(ジュリア・ルイス・ドレイファス)は全く無関心だった。打ちひしがれたノースは、自分だけの秘密の場所であるショッピングモールの家具売り場で、ウサギの着ぐるみをまとった奇妙な男(ブルース・ウィリス)に出会う。男との会話から彼は『子供のFA制』を思いつき、学校新聞の編集長の同級生ウィンチェル(マシュー・マコーレー)に相談を持ちかける。そのアイディアに賛同したウィンチェルは早速、学校新聞に「ノース、FA宣言!」と書き立てたため、街は大騒ぎ。マスコミは飛びつき、両親はショックで卒倒する。ウィンチェルが紹介してくれた腕利きの弁護士アーサー・ベルト(ジョン・ロヴィッツ)に付き添われ、ついに裁判が始まった。法廷でも気絶したままの両親にあきれたバックル判事(アラン・アーキン)は、フリーエージェント制を容認。ただし、新学期9月の労働記念日の正午までに新しい両親を見つけるか、本当の両親と和解しなければノースは孤児院へ送られてしまうことに。たちまち世界中からノースを養子に迎えたいという手紙が殺到。7月9日の独立記念日に旅立った彼は、まずはテキサスのテックス夫妻(ダン・エイクロイド、リーバ・マッキンタイア)の豪邸へ。そこには、あのウサギ男そっくりのカウボーイがいた。夫妻は亡くなった息子バックの替わりをノースに期待していた。それを重荷に感じた彼は、ウィンチェル一派が彼を英雄に祭り上げ、子供たちの権利向上推進運動を図っていることも知らず次の候補者の元へ。ハワイではホー知事が待っていたが、PRに利用されたことを知って失望する。一方、ウィンチェル一派はノースが親元へ帰らないよう画策していた。アラスカでは強い家族の絆を感じるが、老人を氷に乗せて流す残酷なしきたりに大ショックを受ける。また、行く先々であの男と瓜二つの男が現れ、彼に助言した。その後、アーミッシュの村、北京、ザイール、パリと駆け足で巡るが、理想の両親にはなかなか巡り会えない。期限まであと3日と迫り、ノースは最後の候補者であるベッドフォードのネルソン夫妻の元へ。そんな時、意識不明でスミソニアン博物館に展示されていたノースの本当の両親が、突然意識を取り戻した。反省した2人がノースへ向けて謝罪したビデオがウィンチェルの策略で、決別表明へと作り変えられてノースの元へ届く。絶望した彼はネルソン夫妻の養子になろうと決心するが、なぜか心から打ち解けられない。答えを求めてニューヨークへたどり着いたノースを、ウィンチェルたちが放った殺し屋が襲う。あやうく命拾いしたノースは偶然、本物のビデオを手に入れ両親の本当の気持ちを知る。またしても現れたあの男の助けで家へと帰り着いたノースにウィンチェルは、両親はあの家具売り場にいると言う。期限まであと10分。急いで向かったノースが両親に駆け寄ろうとした時、殺し屋の銃口が彼を狙っていた…。目を覚ましたノースは、暗くなった家具売り場にいた。全て夢だったのだ。あのウサギの着ぐるみのサンドイッチマンに家まで送ってもらったノースは、帰りの遅い彼のことをとても心配していた両親に、温かく迎えられた。

「ノース 小さな旅人」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ノース 小さな旅人」のスペック

基本情報
ジャンル コメディ ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1994
公開年月日 1995年3月25日
上映時間 88分
製作会社 キャッスルロック・エンターテインメント=コロンビア映画(製作協力*ニュー・ライン・シネマ)
配給 ギャガ・コミュニケーションズ=ヒューマックス・ピクチャーズ
レイティング 一般映画
アスペクト比 アメリカンビスタ(1:1.85)
カラー/サイズ カラー/ビスタ
音量 ドルビーSRD/SDDS

「ノース 小さな旅人」のみんなのレビュー

「ノース 小さな旅人」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 10/23

サム・ライミ(1959)

ドント・ブリーズ2

盲目の老人の家に侵入した強盗団が逆に追い詰められていく恐怖を描いたスリラーの続編。人気のない郊外の古びた屋敷で、盲目の老人が一人の少女を育てている。ある日、少女を狙う謎の武装集団が屋敷に忍び込む。暗闇のなか、老人は彼らの抹殺を試みるが……。監督は、前作で共同脚本を務めたロド・サヤゲス。出演は、「アバター」のスティーヴン・ラング、「ボーイズ・ドント・クライ」のブレンダン・セクストン3世。

ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷

「死霊のはらわた」のサム・ライミ製作のホラー。森林地帯で腐敗死体が発見され、マルドゥーン刑事とグッドマン刑事がかけつける。遺された所持品から死体の住所が明らかになると、そこは、2年前にグッドマン刑事が担当した“ランダース事件”の現場だった。出演は、「ナンシー」のアンドレア・ライズボロー、「エイリアン コヴェナント」のデミアン・ビチル。監督・脚本は、「ピアッシング」のニコラス・ペッシェ。
サム・ライミ(1959)

ドント・ブリーズ2

盲目の老人の家に侵入した強盗団が逆に追い詰められていく恐怖を描いたスリラーの続編。人気のない郊外の古びた屋敷で、盲目の老人が一人の少女を育てている。ある日、少女を狙う謎の武装集団が屋敷に忍び込む。暗闇のなか、老人は彼らの抹殺を試みるが……。監督は、前作で共同脚本を務めたロド・サヤゲス。出演は、「アバター」のスティーヴン・ラング、「ボーイズ・ドント・クライ」のブレンダン・セクストン3世。

ザ・グラッジ 死霊の棲む屋敷

「死霊のはらわた」のサム・ライミ製作のホラー。森林地帯で腐敗死体が発見され、マルドゥーン刑事とグッドマン刑事がかけつける。遺された所持品から死体の住所が明らかになると、そこは、2年前にグッドマン刑事が担当した“ランダース事件”の現場だった。出演は、「ナンシー」のアンドレア・ライズボロー、「エイリアン コヴェナント」のデミアン・ビチル。監督・脚本は、「ピアッシング」のニコラス・ペッシェ。

NEW今日命日の映画人 10/23

藤子・F・不二雄(1996)

STAND BY ME ドラえもん2

大ヒットした3DCGアニメ映画「ドラえもん」第2弾。おばあちゃんに会いたくなったのび太は、タイムマシンで過去へ。再会したおばあちゃんから“お嫁さんが見たい”と言われたのび太は、ドラえもんと共に、未来の自分の結婚式を見せようとするが……。監督は前作に続いて、山崎貴と八木竜一のコンビが務める。声の出演は水田わさび、大原めぐみらレギュラー陣に加え、「浅田家!」の妻夫木聡、「いちごの唄」の宮本信子、「架空OL日記」のバカリズムらがゲストで参加する。

映画ドラえもん のび太の新恐竜

藤子・F・不二雄原作のSFアニメ映画シリーズ40作目。『ドラえもん』50周年記念作品。のび太が化石発掘体験で見つけた化石を、ドラえもんのひみつ道具タイムふろしきで元の状態に戻したところ、新種の恐竜の双子が生まれる。のび太は大切に育てるが……。「パロルのみらい島」の今井一暁監督と、プロデューサーや『世界から猫が消えたなら』など小説家としても活動し「映画ドラえもん のび太の宝島」では脚本を手がけた川村元気が、「映画ドラえもん のび太の宝島」以来のコンビを組む。
平幹二朗(2016)

ゲキ×シネ「蒼の乱」

2014年に東京と大阪で上演された劇団☆新感線の舞台『蒼の乱』を、上演時より30分短い“ゲキ×シネオリジナル版”として映像化。愚直で若々しい将門小次郎と、京での運命的な出会いを経て夫婦となった妻・蒼真を主人公に、“将門の乱”を新解釈で描く。出演は「清須会議」の天海祐希、「春を背負って」の松山ケンイチ。

BUMP OF CHICKEN “WILLPOLIS 2014” 劇場版

人気ロックバンド“BUMP OF CHICKEN”が2014年4~7月にかけて実施したライブツアー『WILLPOLIS 2014』の模様を収録したドキュメンタリー。ツアーを追ったドキュメンタリーと、「寄生獣」の山崎貴監督が手掛けた3DGCによるオープニングアニメーションの完全版からなる2部構成。