永遠のアンバー

えいえんのあんばー
上映日
1952年4月10日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

キャスリーン・ウィンザーのベスト・セラー原作小説(1944年)のテクニカラー映画化1947年作品で、製作は「大空輸」のウィリアム・パールバーグ、監督は「悲しみの恋」のオットー・プレミンジャー。ジェローム・キャディが潤色し、「幽霊と未亡人」のフィリップ・ダンと「女性No.1」のリング・ラードナー・ジュニアが共同で脚色した。撮影は「潜航決戦隊」のレオン・シャムロイ、作曲はデヴィッド・ラクシン、指揮はアルフレッド・ニューマン。主演は「血と砂(1941)」のリンダ・ダーネルと「千一夜物語」のコーネル・ワイルドで、リチャード・グリーン(「ロナ・ドーン」)、ジョージ・サンダース(「砂丘の敵」)、グレン・ランガン(「アリゾナの決闘」)、リチャード・ヘイドン、ジェシカ・タンディ、アン・リヴェアらが助演する。

「永遠のアンバー」のストーリー

1660年。英国のメリーグリーン村に孤児として育ったアンバー(リンダ・ダーネル)は16歳を迎え、富と名声を夢見ていた。その頃知り合ったカールトン大尉(コーネル・ワイルド)の後を追って、彼女はロンドンに行った。カールトンと親友アルムスバリイ卿(リチャード・グリーン)の世話で、彼女は社交界に活躍をはじめ、その上、カールトンを愛するようになったが、カールトンは私掠船にのって去った。その後彼女は詐欺にかかって投獄され、盗賊ブラック・ジャック・マラードに救い出されて彼の隠れ家でカールトンの子供を生んだ。盗賊の手先となって働くアンバーは、モーガン大尉(グレン・ランガン)に捕らえられ、大尉が彼女を愛するようになったっため、大尉は帰ってきたカールトンと決闘に及び殺された。カールトンはアンバーの不身持を怒って去り、彼女は舞台に立つうち、ラドクリフ侯(リチャード・ヘイドン)と知り合って結婚した。再び戻ってきたカールトンは、ペストにかかり、アンバーの必死の介抱に命をとりとめたが、アメリカへと去っていった。アンバーはチャールズ2世(ジョージ・サンダース)に媚態をみせたため、アドクリフは怒って家に火をつけ彼女を焼き殺そうとしたが、かえってラドクリフが焼死した。晴れてチャールズ2世の寵妃となったアンバーは、ある日王廷でカールトンに出会った。彼は妻コリンナをつれていた。アンバーは彼を離婚させようとコリンナを王に近付ける画策をしたが王に見破られた。カールトン夫妻はアンバーの愛児をも連れてアメリカへ去っていった。アンバーは永遠に孤独となった。

「永遠のアンバー」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「永遠のアンバー」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1947
公開年月日 1952年4月10日
製作会社 20世紀フォックス映画
配給 20世紀フォックス日本支社
レイティング
カラー/サイズ カラー

「永遠のアンバー」のみんなのレビュー

「永遠のアンバー」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません