ヴァレンチノ

ばれんちの
上映日
1952年5月15日

製作国
アメリカ

ジャンル
伝記 ラブロマンス

ここが見どころ

サイレント時代の名二枚目ルドルフ・ヴァレンチノの伝記ロマンスで、「新モンテ・クリスト」のエドワード・スモール製作になる1951年度色彩映画。「新モンテ・クリスト」のジョージ・ブルースが脚本を書き下ろし、「呪いの家」のルイス・アレンが監督した。撮影は「欲望という名の電車」のハリー・ストラドリング、音楽はハインツ・ロームヘルドの担当。ヴァレンチノには新人アンソニー・デクスターが扮し、エレノア・パーカー(「山鳩の声」)が共演、「裏街(1941)」のリチャード・カールソン、「三銃士(1948)」のパトリシア・メディナ、「ギルダ」のジョセフ・カレイアらが助演する。

「ヴァレンチノ」のストーリー

1920年代の初め。イタリーからアメリカに渡る旅興行のマリア・テレス一座に、ルドルフ・ヴァレンチノ(アンソニー・デクスター)という美貌の青年俳優がいた。船中、彼はハリウッド女優のジョーン・カーライル(エレノア・パーカー)に会い、一眼でその容姿に魅せられた。2人の恋はニューヨーク上陸と共にたちきられ、ヴァレンチノは一座の職を失って、皿洗いからナイトクラブのジゴロになった。彼の踊るタンゴがようやく有名になり出した頃、図らずも店にやってきたジョーンと映画監督ウィリアム・キング(リチャード・カールソン)の手引きで、彼は映画俳優となってハリウッドへ赴くことになった。しばらくの大部屋生活の後、「黙士録の四騎士」に抜擢されて一躍彼の名は轟き渡り、2枚目俳優としての名声は「血と砂」「荒鷲」と上がるばかりであった。この頃、ジョーンはひそかに想うヴァレンチノへの愛を断ち切るため、求愛をつづけていたキング監督との結婚を承諾、ヴァレンチノには失意の日が続いた。ところがキング監督の新作「シーク」で、ヴァレンチノはジョーンと共演することになり、2人のラヴ・シーンはそのまま人目を忍ぶ恋の再燃に延長された。がこの密会が危うくゴシップ記者の目に止まりそうになった時、ヴァレンチノはジョーンがスキャンダルに汚されるのを恐れて女優リラ・レイズ(パトリシア・メイズ)との結婚を声明した。新婚早々、ヴァレンチノは重病の床に臥し、新妻リラの看護も空しくニューコークで病没した。全世界の女性から愛された彼の墓前にはその後命日毎にジョーンの捧げる花束が飾られた。

「ヴァレンチノ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ヴァレンチノ」のスペック

基本情報
ジャンル 伝記 ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1951
公開年月日 1952年5月15日
製作会社 コロムビア映画
配給 コロムビア日本支社
レイティング
カラー/サイズ カラー

「ヴァレンチノ」のみんなのレビュー

「ヴァレンチノ」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません