愛に気づけば…

あいにきづけば
上映日
1994年11月23日

製作国
アメリカ

ジャンル
ラブロマンス

ここが見どころ

恋愛・妊娠・未婚のままの出産を経て、愛と現実の間で揺れ動く女性の姿を描き、女性の自由な生き方をさわやかに、高らかにうたい上げたヒューマン・ラブ・ ストーリー。エヴァ・ウィングの小説Angie I Saysを、「迷子の大人たち」のトッド・グラフが脚色。女性ならではの繊細で優しい視点で、笑いと涙をブレンドさせた演出を見せた監督は、「ランブリング・ローズ」のマーサ・クーリッジ。製作はラリー・ブレズナーとパトリック・マコーミック、エクゼクティヴ・プロデューサーは「三銃士(1993)」のコンビ、ジョー・ロスとロジャー・バーンバウム。撮影は「ランブリング・ローズ」のジョニー・E・ジェンセン、音楽は「ルディ 涙のウイニング・ラン」「シャドー」「バッド・ガールズ」と、近年ますます好調の巨匠ジェリー・ゴールドスミス、美術は「インテリア」「ナチュラル」「フィッシャー・キング」で3度アカデミー賞にノミネートされたメル・ボーン。編集は、最新鋭の編集機エイヴィッド・メディア・コンポーザーの使い手であるスティーヴン・コーエンが担当。主演は当初、マドンナが予定されていたが、「スネーク・アイズ」の撮影でスケジュール調整ができず、「テルマ&ルイーズ」「プリティ・リーグ」のジーナ・デイヴィスに交代。出産経験のない彼女は、実際に病院で出産に立ち会い、産婦人科医から専門的な指導を受けるなど、作品に意欲的に臨んだ。共演は「クライング・ゲーム」「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のスティーヴン・レア、「トゥルー・ロマンス」のジェームズ・ギャンドルフィーニ、男優ジョン・タトゥーロの従姉妹で「ロックンルージュ」のアイダ・タトゥーロほか。

「愛に気づけば…」のストーリー

ニューヨークの下町、ブルックリンの一角のベンソンハースト。家々が密集するこの街に生まれ、陽気で自由奔放に育ったアンジー(ジーナ・デイヴィス)は、一風変わった大人の女性に成長した。母は彼女が3歳の時に家を出て、まもなく父フランク(フィリップ・ボスコ)は後妻のキャシー(ジェニー・オハラ)を迎えた。アンジーは自分たちと同じイタリア系でないキャシーは気に入らず、何かにつけて優しく美しかった母の面影が邪魔をして、継母との仲はしっくりいかない。そして、母のこととなると口をつぐむ父の態度がいつも彼女をいらつかせた。そんな時、アンジーは長年付き合ってきたボーイフレンドのヴィニー(ジェームズ・ギャンドルフィーニ)の子供を妊娠する。しかし、幼なじみで親友のティナ(アイダ・タトゥーロ)の悲惨な結婚生活を目の当たりにし、平凡な生活よりも刺激的な人生を望んでいた彼女は、家庭に入ることにためらいを覚える。ある日、美術館で知り合ったエリート弁護士ノエル(スティーヴン・レア)を好きになったアンジーはヴィニーに別れを告げ、彼との自由な恋を楽しむ。未婚のまま子供を産むことを決意した彼女はクリスマス・パーティの最中に産気づき、男児を出産するが、生まれた赤ん坊は片手にハンディを負っていた。アンジーのショックは大きく、その上、その日を境にノエルは連絡をしてこなくなった。しかも彼には別居中の妻がいたことも分かった。ふさぎこむ彼女はある日、継母のキャシーが泣いている赤ん坊に乳の出ない乳房を含ませているのを見て愕然となる。そのまま、逃げるように家を出たアンジーは、気がつくと産みの母が暮らしているテキサスに来ていた。そこで彼女は、父と母の結婚の真実を知り、自分が両親にいかに愛されていたかを知る。アンジーは家に戻り、子供の親としての務めを果たすべく、人生を歩み始めた。

「愛に気づけば…」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「愛に気づけば…」のスペック

基本情報
ジャンル ラブロマンス
製作国 アメリカ
製作年 1994
公開年月日 1994年11月23日
製作会社 モーラ=ブレズナー=スタインバーグ=テネンバウム・プロ作品(ハリウッド・ピクチャーズ=キャラバン・ピクチャーズ提供)
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル ジャパン
レイティング

「愛に気づけば…」のみんなのレビュー

「愛に気づけば…」のレビューを書く

「愛に気づけば…」の多彩なBlu-ray/DVD


映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 6/19

ローレン・リー・スミス(1980)

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所

ゲイル・フォアマン原作のベストセラー小説『ミアの選択』を映画化。死の淵にいる主人公の生死をめぐる選択を、珠玉の名曲と共に描く感動作。監督は、「ファッションが教えてくれること」のR・J・カトラー。出演は、「キック・アス」シリーズのクロエ・グレースモレッツ、「スノーホワイト」のジェイミー・ブラックリー。

ヒンデンブルグ 第三帝国の陰謀

1937年に起きたドイツ飛行船ヒンデンブルグ号爆発炎上事故をモチーフに製作された歴史ミステリー。爆弾が仕掛けられたとされる飛行船に乗り込んだ人々の運命と、事故の裏に潜む政治的陰謀を描く。出演は「寂しい時は抱きしめて」のローレン・リー・スミス、「そして、デブノーの森へ」のグレタ・スカッキ、「アメリカン・ヒストリーX」のステイシー・キーチ、「ドレスデン、運命の日」のハイナー・ラウターバッハ。
ゾーイ・サルダナ(1978)

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のスタジオライカによるストップモーションアニメ。ヴィクトリア朝時代のロンドン。孤独な探検家・ライオネル卿は、伝説の生物を探し求めてアメリカ北西部へと旅立つ。そこで発見したのは、人間の言葉を話す生きた化石だった。声の出演は「グレイテスト・ショーマン」のヒュー・ジャックマン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ。監督は「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の脚本を手がけたクリス・バトラー。第77回(2019年)ゴールデン・グローブ賞でアニメーション映画賞を受賞。

バーバラと心の巨人

「ハリー・ポッター」のクリス・コロンバスが製作を務め、グラフィックノベル『I KILL GIANTS』を実写映画化。風変わりな少女バーバラは、“巨人”から町を守ろうと腐心している。家でも学校でも孤立する彼女に、転校生のソフィアが声を掛ける。出演は、「死霊館 エンフィールド事件」のマディソン・ウルフ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ、「グリーンルーム」のイモージェン・プーツ。監督は、「HELIUM」で第86回アカデミー賞短編賞を受賞したアンダース・ウォルター。

NEW今日命日の映画人 6/19

該当する人物がいません