うわさ

うわさ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

「娘一人に婿百人」「最後の警告」のローラ・ラ・プラント嬢が主演した映画。原作はアデラ・ロジャース・セント・ジョン女史がコスモポリタン誌上に発表した小説で、それをポール・ショーフィールド氏が潤色、あわせて撮影台本を執筆し、「娘一人に婿百人」「法螺吹き靴屋大当たり」と同じくウェズリー・ラッグルズ氏が監督したものである。「他言は御無用」のハントリー・ゴードン氏、「最後の警告」のジョン・ポールス氏、「港々の女難想」のジェーン・ウィントン嬢、等が助演する。キャメラは「都会の哀愁」「笑う男」のギルバート・ウォーレントン氏。

みんなのレビュー

「うわさ」のレビューを書く

「うわさ」のストーリー

サンタ・バーバラ社交界の人気者、ポロ競技の名手バーク・インズは速記者のローラ・ハントと結婚した。そして楽しい3年の月日が過ぎ2人の間にはバーク第2世が愛らしく生い育っている頃、ローラとかつて恋仲であったモーリス・グリーアはヴェラという女と結婚していたが、この家庭は性格の相違から風波が絶えないのであった。モーリスは未だローラに対する恋を消し難く、インズ夫妻をヨットに遊びに招いた。その時、バークの都合が悪く、ローラ1人がそれに出席し帰りがやや遅れたことから、世間はモーリスとローラに関しあらぬ蔭口をきいた。バークはそれを絶つためローラに今後モーリスとの面会を禁じた。が、そうしてバークが旅行に出た留守、妻のヴェラと口論した鬱を散じに海辺に出たモーリスは、これも噂に悩んで海岸をそぞろ歩きしているローラに行きあったモーリスはローラに愛を求め彼女に接吻した。が、その時にローラは初めて己れがモーリスに対し何等の執着を今は持っていないことを覚ってモーリスを去って家へ帰った。そうしてモーリスが家を明けていた留守に、ヴェラはパンチョウという情夫に殺されていた。嫌疑はモーリスにかかった。モーリスはローラと一緒にいた事実さえ挙げれば立派なアリバイとなるのだが、ローラの名誉を思ってその事実を語らなかった。そして彼は終身懲役の刑を受ける。モーリスの心情に動かされたローラは己が不名誉を覚悟して一切を公表しモーリスを救った。が、その結果として世間の噂は果たしてローラにつれなかった。次のポロの競技会の日に、ローラは勇気を奮って世間の噂などは顧みずに、夫の競技振りを観に出席した。そして彼は以前よりも一層妻を愛すようになった。世間の噂がどうあろうと身の潔白とそれを嵩然とかざす勇気と、それが人には大切なのである。

「うわさ」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「うわさ」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 ユニヴァーサル・ジュエル映画
レイティング

「うわさ」のみんなのレビュー

「うわさ」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 4/15

エマ・トンプソン(1959)

クルエラ

ミッシング・リンク 英国紳士と秘密の相棒

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」のスタジオライカによるストップモーションアニメ。ヴィクトリア朝時代のロンドン。孤独な探検家・ライオネル卿は、伝説の生物を探し求めてアメリカ北西部へと旅立つ。そこで発見したのは、人間の言葉を話す生きた化石だった。声の出演は「グレイテスト・ショーマン」のヒュー・ジャックマン、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのゾーイ・サルダナ。監督は「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」の脚本を手がけたクリス・バトラー。第77回(2019年)ゴールデン・グローブ賞でアニメーション映画賞を受賞。
メイジー・ウィリアムズ(1997)

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。

ニュー・ミュータント

運命に抗う若者たちの闘いを描いたマーベル・コミック原作のSFアクション。未熟さゆえに特殊能力を制御できず、辛い過去を背負った5人の若者。極秘施設で訓練を受ける彼らの前に、突如謎のモンスターが現れる。恐怖で錯乱する中、さらなる危機が…。