百貨店

ひゃっかてん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ジョン・V・A・ウィーヴァーとジョージ・アボットの合作舞台劇に基づいてタウンセンド・マーティンが脚色し「猿飛カンター」「駆落相手違ひ」等と同じくフランク・タトルが監督したもので、主役はパラマウント新入社の「女ロビンフッド」「愛の虚言」等出演のイヴリン・プレント、「三日伯爵」「駄法螺大当たり」等出演のルイズ・ブルックス及び「猿飛カンター」「女王蜂」等出演のローレンス・ブレイが演じ、オスグッド・パーキンス、マーシャ・ハリス、アーサー・ドナルドソン等が助演している。

みんなのレビュー

「百貨店」のレビューを書く

「百貨店」のストーリー

メーム・ウオルシュという娘にはジャニーという妹が1人あるきりで最早両親が無くメームが事実上ジャニーの保護監督の任に当たっていた。2人はギンスバーグの百貨店に女店員として働いて居たが、同じ店に勤めているヴイリアム・ビッリングスリーという青年とメームとは違いに恋仲だった。この姉妹は非常に気質や操行等が違ってメームが落ち着いて真面目なのに反しジャニーは浮気で狡くて手に負えない娘だった。店の販売主任をアメリア・ストリータ嬢と云い、この女を会長にしてギンスバーグの使用人たちの間に公安同盟会なるものが組織されていた。そしてある時ジャニーはその会計係を命ぜられたが賭け事の好きなジャニーは無謀にもその会の金を競馬に掛けて使って大穴を開け、ストリータ嬢から金の引き渡しを請求された時に、さも自分の部屋でなくなった様な風をし嫌疑を姉のメームに被せても恥づるところがなかった。メームは近頃自分の恋人を妹に奪われた形で気を悪くしていた所へ又もやありもしない疑いをかけられて非常に怒っては見たが、妹がレム・ウッドラフという男に騙されていることを知って奇策を用いてレムから金を取り戻してストリータへ返した。しかしこのためにメームはストリータに解雇をうけたが、恋人のウィリアムと妹のジャニーが一方で盛んに店の大頭株に取り入って彼女を右から左に又就職せしめたのである。

「百貨店」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「百貨店」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1926
製作会社 パラマウント映画
配給 パラマウント支社
レイティング

「百貨店」のみんなのレビュー

「百貨店」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/15

カロリン・ダヴァーナス(1978)

エスケイプ

エイドリアン・ブロディが製作総指揮、主演を務めたシチュエーションスリラー。大破した車の中で目覚めた男。脚を挟まれて身動きが取れず、記憶も一切失くしてしまった彼が、かすかな手掛かりを頼りに自分の正体と事件の真相を解き明かしていく。【スタッフ&キャスト】製作総指揮:クレイ・エプスタイン 製作:カイル・マン 監督:マイケル・グリーンスパン 脚本:クリストファー・ドッド 製作総指揮・出演:エイドリアン・ブロディ 出演:カロリン・ダヴァーナス/ライアン・ロビンズ/エイドリアン・ホルムス

A TIME OF WAR

近代戦でもっとも過酷な戦場のひとつ“パッシェンデールの戦い”を描いた戦争アクション。フランスで傷を負いカルガリーへ戻って来たマイケル軍曹は、陸軍看護師・サラの弟が喘息持ちであることを隠して兵隊に志願したことを知り、再び戦場へ戻るが…。【スタッフ&キャスト】監督・脚本・出演:ポール・グロス 製作:フランシス・ダンバーガー 撮影:グレゴリー・ミドルトン 音楽:ヤン・A・P・カチュマレク 出演:カロリン・ダヴァーナス/ギル・ベローズ/ジョー・ディニコル/アダム・ハリントン
ニコラス・ハモンド(1950)

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド エクステンデッド・カット

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットの初共演作となるクエンティン・タランティーノ監督の「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」に新しい4つのシーンを加えた10分拡大版。11月15日から2週間限定、全国4館で日本公開。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットが初共演を果たしたクエンティン・タランティーノ監督作。1969年に実際に起きた、カルト教祖チャールズ・マンソンとその信奉者たちによる女優シャロン・テート殺害事件を題材に、ハリウッド黄金時代の光と闇に迫る。シャロン・テートを「アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル」のマーゴット・ロビーが演じるほか、「Dear ダニー 君へのうた」のアル・パチーノ、「500ページの夢の束」のダコタ・ファニングが出演。

NEW今日命日の映画人 5/15

該当する人物がいません