浮気発散

うわきはっさん
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ラッセル・メドクラフト氏、ノーマ・ミッチェル女史原作の喜歌劇を映画化したもので、数年前「新旧恋の三段返し」という邦文題名で公開された映画と同じストーリーだがこれは発声映画として再び新しく撮影されたもの、ロバート・S・カー氏の脚色により「近代恋愛ごっこ」「赤い酒」のレイモンド・キャノン氏が監督し、ウォルター・カトレット氏が会話をつけた。キャメラは「赤い酒」「空中サーカス」のダニエル・B・クラーク氏の担任で「フォックス・ムーヴィントン・フォリイス」のコン・コンラッド氏、シドニー・D・ミッチェル氏、アーチー・ゴッドラーの3人が歌詞と歌曲をうけもっている。主演者は「ヨーロッパ突進」と同じく、ほかに「ムービートーン・フォーリス」のディキシー・リー嬢、ジーン・ベーリー嬢、リチャード・キーン氏、デイヴィッド・ローリンス氏、ウォルター・カルカット氏、ジェッド・プラウティー氏、イルカ・チェイス嬢、ドット・ファーレイ嬢等が助演している。

「浮気発散」のストーリー

旅回りの喜歌劇団のコーラス・ガール、メリー、ビリー、ジャッキーの3人は自動車の事故から3人の学生ディック、ジョーズ、オスカーと知り合いとなり彼女たちは舞台でうたう「ブーム、ブーム」の歌を若者たちに教える。娘たちは晩にまた会う事を約して立ち去るが金のない若者は軍用金の調達に頭を悩ます。或る金持ちの夫人のおつき合いをすれば小遣いが貰えるというオスカーの言葉に残る2名も忽ち賛意を表してその擧に加わる。3夫人は夫というのは揃いも揃った不良老年でその日狩に行くと称して家を飛び出したがその実は新築のロバート・ハウスへコーラス・ガールを連れて遊びにゆこうと企んでいたのである。若者たちが現れた時、3人の夫人たちは夫がどうも家をあけて困るからその足どめの方法として面白い遊びを教わりたいと言う。若者たちは早速「ブーム、ブーム」を教え、もっと気分の出る所へゆこうと彼等はロードハウスへ繰り出す。ロードハウスでコーラス・ガール相手に夫たちが騒いでいるところへ若者や夫人の一隊も乗り込んで来たがそれぞれ覆面をしているので判らない。だがメリーの歌うのを聞いたディックは彼女の正体を知り、夫エルマーの仮面が落ちたのを妻君のエクセルが見るに及んで騒動が起りあわや修羅の巷が出現せんとしたがそれも穏やかに話がまとまって6組の男女は手をとり合って「ブーム、ブーム」をうたう。

「浮気発散」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「浮気発散」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1929
製作会社 フォックス映画
レイティング

「浮気発散」のみんなのレビュー

「浮気発散」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません