美しの踊子

うるわしのおどりこ
製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ドロシー・ブランドン女史作の舞台劇に基づいて、ロバート・N・リー氏が脚色し「海底の銀宝」「戦禍」等と同じくローランド・V・リー氏が監督したもので、主役は「怒号する天地(1925)」「トニー大暴れ」等出演のジャックリン・ローガン嬢と「海底の銀宝」「3悪人」等出演のルー・テリジェン氏が演じ、「ジョアンの嘆き」出演のルオルター・ビジョン氏を始めチャールズ・レーン氏、ギブソン・ガラウンド氏、クロフォード・ケント氏、ジョアン・スタンデイング嬢等が助演している。

「美しの踊子」のストーリー

ロンドンの有名な外科医ジヤスパー・スターデイーの愛娘レオンタインは舞踊の名手で当時ロンドン一の評判を博し、舞踊の相手役のベージル・オウセンとは相思の仲でやがて結婚することになっていた。彼女は父の希望に反してあくまでも芸術の道に精進することを主張した。シーズンが終わったので、レオンタインは次のシーズンの出し物の準備としてベージルと共に牙利へジプシー舞踊の研究に赴いた。彼らはブタペストなるオクシデンタル・カフェを訪れたが、図らずもジプシーの一頭目で如何なる難病をも癒えすというアントン・ラガツイーと相識る機会を得た。アントンはレオンタインの美容を称え、ジプシー舞踊を教えるといって自分のキャンプに両人を招じた。ところがある晩のことレオンタインは舞踊の最中にはずみで大切な足を挫いてしまった。驚いた彼女は直ちにロンドンに戻って名外科医たる父の診断を受けたが回復の見込みがないと宣告された。のみならず欧州で有名な外科医たちも悉く匙を投げてしまった。舞踊家としてのレオンタインの将来は破壊された。ベージルは不具の彼女を無情にも顧みず、他に舞踊の相手を得たということを知った時、レオンタインの心は痛んだ。アントンは心秘かに愛しているレオンタインの足を彼の神秘術で癒さんとロンドンを訪れたが彼女の父は英国外科医協会の名に於いて拒絶した。アントンは本人の意思を尊重すべきを主張すると一数の希望にレオンタインは彼の施術を乞うた。かくて名医連立会の上治療が行われたがレオンタインの心奥に眠っていたアントンへの愛が目覚めると同時に神霊作用は働いて彼女は立ち上がった。

「美しの踊子」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「美しの踊子」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1921
製作会社 フォックス映画
配給 フォックス支社
レイティング

「美しの踊子」のみんなのレビュー

「美しの踊子」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません