ウルフェン

うるふぇん
上映日
1981年9月15日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

大都会ニューヨークを舞台に伝説の狼ウルフェンの人間への挑戦を象徴的に描く。製作総指揮はアラン・キング、製作はルパート・ヒッツィグ、監督は「ウッドストック」のマイケル・ウォドレー。ホイットレー・ストリーバーの原作を基にしたディビッド・アイアーとマイケル・ウォドレーの原案を彼らが脚色。撮影はゲリー・フィッシャー、音楽はジェームズ・ホーナー、編集はクリス・レベンゾン、デニス・ドーラン、マーティン・ブラム、マーシャル・M・ボーデン、製作デザインはポール・シルバート、美術はデイビッド・チャップマンが各々担当。出演はアルバート・フィニー、ダイアン・ヴェノーラ、エドワード・J・オルモス、グレゴリー・ハインズ、トミー・ヌーナン、ディック・オニール、デール・バーティ、ピーター・マイケル・ゴーツなど。

「ウルフェン」のストーリー

ニューヨークの旧オランダ街、バッテリー・パークで大富豪のクリストファー夫妻が変死体となって発見された。この難解な事件の捜査を担当することになったニューヨーク市警の刑事ウィルソン(アルバート・フィニー)は、現場を探りながら、何者かの不気味な視線を感じていた。何者によるかの見通しが全然つかぬまま、ウィルソンは、女流心理学者レベッカ(ダイアン・べノーラ)とチームを組むことになる。テロリスト専門の彼女のリードで、その筋を調査するが全て無駄に終わる。やがて、アメリカの各地から失踪事件が相次いで起こり、バラバラ死体の数が増した。2人は、殺されたクリストファーの身辺を探るうち、ある事実につきあたる。それは、クリストファーの祖父に当るオランダ人で、マンハッタンの近代化を計ったピーターという男が、17世紀の中頃に突然姿を消したということだ。そして、さらにウィルソンは重要な手がかりを得た。クリストファーの妻の死体から狼の毛が発見されたこと、関係したすべての地名がオランダ語に由来していること等だ。狼の毛を分析した生物学者のファーガソン(トミー・ヌーナン)に狼の賢さを説かれ、早速原住民族解放運動の一員であるインデアン青年エディ(エドワード・J・オルモス)を訪ねたウィルソンは、彼から「狼はマンハッタンを取り戻したいのだ」という呟きを聞いて衝撃を受ける。ある夜、ウィルソンは、狼よりも大きく知的な眼をもった生物ウルフェンの影を、フロントグラス越しに遂に目撃した。ファーガソンもウルフェンに殺され、レベッカと共にクリストファーのペントハウスに赴き、一族の繁栄を物語る品々を目にする。建物を出ると、ウルフェンが待ちうけていた。一瞬のうちにそこに来ていた上司が噛み殺され、2人はペントハウスに逃げ込んだ。ウルフェンが鋭い眼光でウィルソンを見つめている中、彼は、拳銃の弾丸を抜きとり、応接間に飾ってあった土地開発のプロジェクト模型を破壊した。それを見たウルフェンは静かに去り、入って来た警察に、ウィルソンは「犯人はテロリストだった」と答えるのだった。

「ウルフェン」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「ウルフェン」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1981
公開年月日 1981年9月15日
製作会社 キング/ヒッツィグ・プロ(オライオン映画)作品
配給 東映洋画
レイティング
アスペクト比 シネマ・スコープ(1:2.35)
カラー/サイズ カラー/シネスコ

「ウルフェン」のみんなのレビュー

「ウルフェン」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません