裏街(1961)

うらまち
上映日
1961年12月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ファニー・ハーストの小説『裏街』の3度目の映画化である。「美わしき想い出」のエリノア・グルフィンと「オクラホマ!」のウィリアム・ルドウィグが共同脚色し、「誰かが狙っている」のデイヴィッド・ミラーが監督にあたった。撮影は「将軍ベッドに死す」のスタンリー・コルテス、音楽は「黒い肖像」のフランツ・スキナーである。出演はスーザン・ヘイワード、ジョン・ギャビン、ヴェラ・マイルスなど。製作はロス・ハンター。

「裏街(1961)」のストーリー

第2次大戦の直後、海兵隊のポール・サクソン中尉(ジョン・ギャビン)は、シカゴへ復員の途中、飛行機が不時着したため、そのネブラスカ州リンカーンの町で1泊しなければならなくなった。ホテルで次便を待つ間に、ポールは偶然に町のデザイナー、レー・スミスと知り合い、たちまち激しい恋に落ちてしまった。ポールはサクソン百貨店の持主だったが、我侭で遊び好きな妻リズはアルコール中毒であり、2人の子供がありながらも幸福な生活ではなかった。離婚しようにもリズが同意せず、入隊したのもそのためであった。真相を知らないレーは、心ならずも1人でシカゴへ発つポールを責め、誤解し、そして苦しんだ。数週間の後、思い余ってポールの家へ電話をかけたレーは執事の言葉ですべてを知らなければならなかった。大きなショックだったが、彼女はそれでニューヨーク行の決意を固めた。彼女の才能は忽ちまち1流であるダリアンの店で買われ、やがて共同経営者として抜粋されるまでになった。再びポールとめぐり逢う日も来た。レーの誤解は同情に変り、2人の愛は燃え上がって行ったが、束の間の逢う瀬しか許されない。レーは愛するがゆえにポールを避け、ローマの支店へ去って行った。ポールも仕事の関係で、しばしば欧州へ行く身であり、、2人が再会するのは運命でもあった。レーはポールの強い愛に負けた。例え人目を避ける日かげ者の生活であっても、どうにもならなかった。ローマからパリへ、依然としてリズは乱行を続けていたが、いつかレーの存在に気づいていた。作品発表会を持ったレーを公衆の面前で罵倒したリズは、その夜、興奮の余り車を暴走させて街路樹に衝突し、自らは即死しポールに瀕死の重傷を追わせた。電話でレーを呼び出したポールは、「愛しているよ、レー」と云って息を引きとった。

「裏街(1961)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「裏街(1961)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1961
公開年月日 1961年12月22日
製作会社 U・I(ロオス・ハンター・プロ)映画
配給 ユニヴァーサル映画
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「裏街(1961)」のみんなのレビュー

「裏街(1961)」のレビューを書く



映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 12/6

ニック・パーク(1958)

映画 ひつじのショーン UFOフィーバー!

イギリスのアードマン・アニメーションズによるクレイアニメ「ひつじのショーン」シリーズの長編劇場版第2弾。ショーンが暮らす片田舎の牧場に、ある日突然、UFOがやって来る。物を浮遊させる超能力を持ったルーラが降り立ち、ショーンたちと仲良くなるが……。監督は、前作「映画 ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム」やTVシリーズのスタッフを務めたリチャード・フェランとウィル・ベッカー。

アーリーマン ダグと仲間のキックオフ!

「ウォレスとグルミット」のニック・パークが、原始時代を舞台に作り上げた奇想天外なストップモーション・アニメーション。ブロンズ・エイジ・シティの暴君ヌース卿によって故郷の谷を追われたダグたちは、人気のスポーツ、サッカーで対抗しようとする……。「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のエディ・レッドメイン、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のトム・ヒドルストンら豪華スターが声の出演。
十一代目市川海老蔵(1977)

無限の住人

第1回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞に輝いた同名コミックを、三池崇史監督、木村拓哉主演で映画化。無理矢理永遠の命を与えられた孤独な万次に、仇討の助っ人を依頼する凛。失った妹の面影を重ね凛を守ることにした彼は、凄絶な戦いに身を投じる。「武士の一分」以来10年ぶりの時代劇主演となる木村拓哉がかつて百人斬りと恐れられた不死身の男・万次を演じるほか、「湯を沸かすほどの熱い愛」の杉咲花、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の福士蒼汰らが出演。

喰女 クイメ

舞台「真四谷怪談」で伊右衛門とお岩を演じることになった恋人たちをめぐり、現実世界と劇中劇で愛憎と怨念がを交錯するホラー。企画・主演は、今や歌舞伎界を背負う存在でありながら、昨年、日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞、映画界でも活躍がめざましい市川海老蔵。監督は日本映画界を代表するヒットメーカー三池崇史。共演は柴咲コウ、伊藤英明ほか。市川海老蔵が演じる“色悪”の魅力が、傑作“四谷怪談”をモチーフにした「現代劇」で花開き、愛憎と狂気のホラー作品を創り上げた。

NEW今日命日の映画人 12/6

該当する人物がいません