裏街(1961)

うらまち
上映日
1961年12月22日

製作国
アメリカ

ジャンル
ドラマ

ここが見どころ

ファニー・ハーストの小説『裏街』の3度目の映画化である。「美わしき想い出」のエリノア・グルフィンと「オクラホマ!」のウィリアム・ルドウィグが共同脚色し、「誰かが狙っている」のデイヴィッド・ミラーが監督にあたった。撮影は「将軍ベッドに死す」のスタンリー・コルテス、音楽は「黒い肖像」のフランツ・スキナーである。出演はスーザン・ヘイワード、ジョン・ギャビン、ヴェラ・マイルスなど。製作はロス・ハンター。

「裏街(1961)」のストーリー

第2次大戦の直後、海兵隊のポール・サクソン中尉(ジョン・ギャビン)は、シカゴへ復員の途中、飛行機が不時着したため、そのネブラスカ州リンカーンの町で1泊しなければならなくなった。ホテルで次便を待つ間に、ポールは偶然に町のデザイナー、レー・スミスと知り合い、たちまち激しい恋に落ちてしまった。ポールはサクソン百貨店の持主だったが、我侭で遊び好きな妻リズはアルコール中毒であり、2人の子供がありながらも幸福な生活ではなかった。離婚しようにもリズが同意せず、入隊したのもそのためであった。真相を知らないレーは、心ならずも1人でシカゴへ発つポールを責め、誤解し、そして苦しんだ。数週間の後、思い余ってポールの家へ電話をかけたレーは執事の言葉ですべてを知らなければならなかった。大きなショックだったが、彼女はそれでニューヨーク行の決意を固めた。彼女の才能は忽ちまち1流であるダリアンの店で買われ、やがて共同経営者として抜粋されるまでになった。再びポールとめぐり逢う日も来た。レーの誤解は同情に変り、2人の愛は燃え上がって行ったが、束の間の逢う瀬しか許されない。レーは愛するがゆえにポールを避け、ローマの支店へ去って行った。ポールも仕事の関係で、しばしば欧州へ行く身であり、、2人が再会するのは運命でもあった。レーはポールの強い愛に負けた。例え人目を避ける日かげ者の生活であっても、どうにもならなかった。ローマからパリへ、依然としてリズは乱行を続けていたが、いつかレーの存在に気づいていた。作品発表会を持ったレーを公衆の面前で罵倒したリズは、その夜、興奮の余り車を暴走させて街路樹に衝突し、自らは即死しポールに瀕死の重傷を追わせた。電話でレーを呼び出したポールは、「愛しているよ、レー」と云って息を引きとった。

「裏街(1961)」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「裏街(1961)」のスペック

基本情報
ジャンル ドラマ
製作国 アメリカ
製作年 1961
公開年月日 1961年12月22日
製作会社 U・I(ロオス・ハンター・プロ)映画
配給 ユニヴァーサル映画
レイティング
アスペクト比 スタンダード(1:1.37)
カラー/サイズ カラー/スタンダード

「裏街(1961)」のみんなのレビュー

「裏街(1961)」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 3/5

サラ・ジェシカ・パーカー(1965)

ローマ発、しあわせ行き

『SEX AND THE CITY』のサラ・ジェシカ・パーカーと「これが私の人生設計」のラウル・ボヴァが共演するロマンティック・コメディ。新宿シネマカリテの特集企画『カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016』にて上映。

ケイト・レディが完璧(パーフェクト)な理由(ワケ)

ワーキングマザーの苦悩をコミカルに描いたアリソン・ピアソン原作の小説『ケイト・レディは負け犬じゃない』を、「プラダを着た悪魔」のアライン・ブロッシュ・マッケンナの脚本、「Emma エマ」のダグラス・マクグラスの監督で映画化。出演は、ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』のサラ・ジェシカ・パーカー。
松山ケンイチ(1985)

BLUE/ブルー

ブレイブ 群青戦記

笠原真樹によるコミック『群青戦記グンジョーセンキ』を「亜人」の本広克行監督が実写化。スポーツ名門校の弓道部に所属する西野蒼は、自分に自信が持てず落ち込む毎日。そんなある日、校庭に一本の雷が落ち、学校の外の風景は見渡す限りの野原となってしまう。出演は「十二人の死にたい子どもたち」の新田真剣佑、「海辺の映画館 キネマの玉手箱」の山崎紘菜。

NEW今日命日の映画人 3/5

ジョン・ベルーシ(1982)

Oh!ベルーシ 絶体絶命

シカゴの辣腕記者と、ロッキー山脈に住むマスコミ嫌いの鳥類学者の恋を描くロマンチック・コメディ。製作はボブ・ラーソン、製作総指揮はスティーブン・スピルバーグと、「ブルース・ブラザース」のバーリン・ブリルスタインが担当。「歌え! ロレッタ 愛のために」のマイケル・アブテッドが監督。脚本はローレンス・カスダン、撮影はジョン・ベイリー、音楽はマイケル・スモールが各々担当している。出演はジョン・ベルーシ、ブレア・ブラウン、アレン・ゴーウィッツ、ライアム・ラッセルなど。

ネイバーズ(1982)

静かな生活が,隣人夫婦のために破壊されるという喜劇。製作はリチャード・D・ザナック、デイヴィッド・ブラウン、製作指揮はアーヴィング・ポール・レーザー、バーニー・ブリルスタイン、監督は「ふたりでスローダンスを」のジョン・G・アヴィルドセン。トーマス・バーガーの『危険な隣人』(早川書房刊)をラリー・ゲルバートが脚色。撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はビル・コンティが各々担当。出演はジョン・ベルーシ、ダン・エイクロイド、キャスリン・ウォーカー、キャシー・モリアーティ、ローレン=マリー・テイラーなど。