裏切り部隊

うらぎりぶたい
上映日
1964年11月20日

製作国
アメリカ

ジャンル
戦争

ここが見どころ

TV作家ジーン・ロッデンベリーのシナリオを同じくTVのヴィンセント・マックヴィーティが演出した戦争ドラマ。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽は「恋のKOパンチ」のジェフ・アレクサンダーが担当した。出演は「ヤング・ヤング・パレード」のゲイリー・ロックウッド、「太陽にかける橋」のジェームズ・繁田、「女を売る街」のリンダ・ホウ、アン・ヘルム、ルー・ガロ、ジョセフ・フーバーほか。

「裏切り部隊」のストーリー

アメリカ海兵隊のライス少尉(ゲイリー・ロックウッド)がガール・フレンドのシラー(アン・ヘレム)とのデイトから隊に戻ってくると、重大な命令が待ち構えていた。それは、新たに開発された高性能電波探知器の操作方法を、ベトナムの前線部隊に教えるため、直ちに出発せよというのだ。ライス少尉は秘密書類を身につけ、その夜ベトナムへ飛び発った。ハンナン飛行場に着いたライス少尉は、待ちうけていたベトナム軍のディー大尉(ジェームズ・繁田)に付きそわれて、ヘリコプターでペンドン前線本部に向かった。ところが、ヘリコプターは、途中、北ベトナム軍の猛射撃を受けて原野に不時着。敵の夜襲にあって、ライス少尉とディー大尉以外は、みんな殺されてしまった。身の危険を感じたライス少尉は、秘密書類を焼き捨てた。が、彼も敵弾で左腕を負傷した。そんなライス少尉を、村の娘リー(リンダ・ホウ)は親切に看病した。やっと傷がなおったライス少尉は、また前線本部に向かった。が、そんなときディー大尉が現れた。2人は再会を喜びあった。そんなある日、ライス少尉は、解体されたはずのヘリコプターが、そのままの姿であるのを発見した。我が目をうたがうライス少尉の後頭部に自動小銃があてがわれた。味方だと思ったこのディー大尉こそ、敵ベトコンの指導者だったのだ。が、そのとき、死んだと思ったヘリコプターの副操縦士の手がのび、ライフル銃がディー大尉に向けられた。さらに、上空には来援のヘリコプターが姿を現した。事態は一変し、ライス少尉は、ディー大尉を射殺した。初めて人を殺し、友を射った苦しみが、彼の胸を引きさいた。

「裏切り部隊」のスタッフ・キャスト

スタッフ
キャスト役名

「裏切り部隊」のスペック

基本情報
ジャンル 戦争
製作国 アメリカ
製作年 1964
公開年月日 1964年11月20日
製作会社 アリーナ・プロ映画
配給 MGM
レイティング
カラー/サイズ モノクロ

「裏切り部隊」のみんなのレビュー

「裏切り部隊」のレビューを書く

映画専門家レビュー

今日は映画何の日?

NEW今日誕生日の映画人 5/16

デヴィッド・ボレアナズ(1969)

オフィサー・ダウン

『ブレイド』のスティーヴン・ドーフと「プリズン・ブレイク」シリーズのドミニク・パーセル共演によるポリスアクション。汚れた過去を背負う刑事が失った正義を取り戻すため、警察に渦巻く陰謀に巻き込まれながらも裏社会を牛耳る巨悪に挑む姿を描く。【スタッフ&キャスト】監督:ブライアン・A・ミラー 脚本:ジョン・チェイス 製作:ジェフ・ライス 撮影:ライアン・サマル 出演:スティーヴン・ドーフ/ドミニク・パーセル/ジェームズ・ウッズ/デヴィッド・ボレアナズ

クロウ 真・飛翔伝説

ジェームズ・オバーの原作を元に描いたダークヒーローアクション「クロウ」シリーズ最新作。悪魔を崇拝するギャング集団に恋人・リリーと共に殺されてしまったジミー。カラスの力で甦った彼は、ギャング集団のボス・ルークへの復讐を果たす。【スタッフ&キャスト】監督・脚本:ランス・マンギア 脚本:ショーン・フッド 製作:ジェフ・モスト 撮影:ダリウス・ウォルスキー 出演:エドワード・ファーロング/エマニュエル・シュリーキー/デヴィッド・ボレアナズ/タラ・リード
チュ・ジフン(1982)

暗数殺人

「1987、ある闘いの真実」のキム・ユンソク主演による、実際の連続殺人事件をモチーフにしたサスペンス。ある日、別件で収監されていた男から7人を殺害したとの告白を受けた刑事キム・ヒョンミンは、捜査を続行。やがて証言どおり白骨化した遺体を発見する。共演は「神と共に」シリーズのチュ・ジフン、「エクストリーム・ジョブ」のチン・ソンギュ。

工作 黒金星(ブラック・ビーナス)と呼ばれた男

釜日映画賞最優秀作品賞をはじめ韓国の映画賞を総なめした、事実に基づく歴史ドラマ。1992年、北朝鮮の核開発の実態調査のため、軍人のパクは工作員として北に潜入せよと命じられる。3年の工作活動の末、対外交渉の責任者であるリ所長に接触するが……。出演は、「哭声/コクソン」のファン・ジョンミン、「リアル」のイ・ソンミン、「お嬢さん」のチョ・ジヌン、「背徳の王宮」のチュ・ジフン。監督は、「群盗」のユン・ジョンビン。第71回カンヌ国際映画祭ミッドナイトスクリーニング公式招待作品。

NEW今日命日の映画人 5/16

該当する人物がいません